mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

とある魔術の禁書目録Ⅲ 第17話 雑感 困った時のビームおばさんよ。

f:id:mouseion:20190202065415j:plainf:id:mouseion:20190202065429j:plainf:id:mouseion:20190202065436j:plainf:id:mouseion:20190202065445j:plainf:id:mouseion:20190202065450j:plainf:id:mouseion:20190202065456j:plainf:id:mouseion:20190202065506j:plainf:id:mouseion:20190202065514g:plainf:id:mouseion:20190202070016j:plainf:id:mouseion:20190202070030j:plainf:id:mouseion:20190202070042g:plainf:id:mouseion:20190202070055g:plainf:id:mouseion:20190202070331j:plainf:id:mouseion:20190202070342j:plainf:id:mouseion:20190202070346j:plainf:id:mouseion:20190202070351j:plainf:id:mouseion:20190202070824j:plainf:id:mouseion:20190202070832j:plainf:id:mouseion:20190202070837j:plainf:id:mouseion:20190202070841j:plainf:id:mouseion:20190202070846j:plainf:id:mouseion:20190202070852j:plain


上条さんやロリさんと違って本当に無能な浜面さんが主人公に躍り出そうだからさっさと殺しとこうぜと上から暗殺指令が来て逃げてたらかつてフルボッコにして色んな箇所が破損して街とか出歩けなくなった元美人レベル5の麦野さんがメカフリーザみたくなって再登場、ベジータみたいな台詞吐きながら助けてくれましたよと。それを何か襲ってきたから何もないけど臨機応変に対応して見せてついに二度目の殺害へと至る。この辺の原作カットがばっさり気味だからもう少し説明合っても良かったけどアニメが便利な事を思い出す。脚本で無理するならその分アニメーションを動かしてどうにかすればいい。とりあえず頭とお尻を描けばその過程なんて後で何とでも補完できるだろという論理で尺も思い切り狭めて見せたのはある意味脚本の力だし作画スタッフの力じゃないかなと思う。これを力技なんていう言い方もあるだろうけど結果的に浜面は何度も死ぬ危険性を己の努力や知識でカバーして滝壺を救って見せたんだからヒーローの役割としては十分だと思う。一方、エツァリと最愛ちゃんは完全にイミフな端折りでその犠牲になったなと。何が起きたのか全く分からなかったけどとにかく敵をやっつけたという事だね。滝壺とは永遠の愛を誓いキスを交わした浜面さんは主人公してるなと。でもお前飛行機も操縦出来たのかよ。それなら滝壺救出の時の自衛官のヘリ自分で操縦していけよな。どうでもいいけど、もしかして今回ビームおばさんが執拗に浜面狙ったのって自分じゃなくて滝壺を選んだから嫉妬してだったりしてね。それで乙女心を踏み躙られての犯行かもしれない。時折見せるメス顔が何よりの証明だろう。浜面罪作りな男やでえ。
エイワスとアレイスターのくだりって結局親子喧嘩だったのか、同じような見た目してるけど、エイワスはレベル5最強のロリさんを瞬殺できる力を有しててアレイスターはそのロリさんの上司みたいだしね。くだりが少し分かり難いけど、アレイスターはカザキリってメガネおっぱいちゃんを人工的に天使化させて対エイワス用兵器にしようと目論んでたけど上条さんにぶっ壊されたので次の手でインなんとかさんを使いましょうって事になったのか着目したのかまだ分からんけど、ロリさんは超回復で次にはエイワスさんが懸念したラストオーダーと逃避行する事に決めたっぽい感じ?携帯ぶっ壊したのはGPS機能で足が付くのを恐れた為かな。最後の上条さんのシーンはギャグっぽくて笑ったけどあれ寒くないんだろうな。だって上やんだもの。