mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

リーガルV ~元弁護士・小鳥遊翔子~ 第9話(終) 雑感 海崎やっぱり裏切ってたwww

小鳥遊翔子(米倉涼子)がかつて弁護した受刑者・守屋至(寛一郎)は、NPO法人「貧困を救う会」の代表に脅され、殺人の罪に手を染めていた…
その真実を法廷で明らかにするため、翔子は天馬(小日向文世)を提訴。たった1円の損害賠償を求める民事訴訟を起こした。
ところがその矢先、京極(高橋英樹)と理恵(安達祐実)が逮捕された上に、馬場(荒川良々)と茅野(三浦翔平)が暴力団に襲われて病院送りの身となってしまい…

法律の為に真実に生きて来ただったら面白い。
でも煽って煽られてじゃあ出してくれとなれば良いな。
映像の提出を認めたのは流れ的には正解だからな。
弁護士会会長天馬弁護士による市瀬殺害計画と大峰代表との親子関係を海崎によってバラされる、ホント草生える。
守屋至受刑囚は情状酌量されるだろうな。妹を守る為もあったけど、大峰代表が妹を盾に守屋を脅迫してた事実は変わらないからなあ。
確かに人殺したけど殆ど洗脳状態だった。
かつてワインをぶっかけられた淳美さんからワインぶっかけて貰えて良かったやん、天馬元弁護士。
一方天馬弁護士事務所を継いだ海崎は海崎弁護士事務所の所長となった。
ホストクラブでドラレコの事を大声で喋ってたのは白鳥弁護士に聞かせる為だったというのは笑える。
海崎は元々金にならない国選弁護士をやり続けてた正義の人だったからという一抹の望みに託した結果、あの反逆だったという。
小鳥遊翔子はこのまま弁護士に戻れたけど、あえて戻らずってのが意味不明だったな。ポチとの師弟関係はこれにて終了、で良かったの?74点。
何だかんだ言って毎週楽しめたな。でも続編流行らなくて良い。敵いないしね。
あと米倉涼子なら黒革の手帖クラスの怪演技出来る奴で頼みたい。つまりサスペンスモノね。