mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

シュタインズ・ゲート ゼロ 第19話 雑感 歴史を繰り返すタイムリープ合戦が今始まる!

f:id:mouseion:20180823022835j:plainf:id:mouseion:20180823022839j:plainf:id:mouseion:20180823022844j:plainf:id:mouseion:20180823022848j:plainf:id:mouseion:20180823022900j:plainf:id:mouseion:20180823022903j:plainf:id:mouseion:20180823022906j:plainf:id:mouseion:20180823022910j:plainf:id:mouseion:20180823022916j:plainf:id:mouseion:20180823022920j:plainf:id:mouseion:20180823022923j:plainf:id:mouseion:20180823022926j:plainf:id:mouseion:20180823022935j:plainf:id:mouseion:20180823022939j:plainf:id:mouseion:20180823022944j:plain


世界線の確認の為にラジカンに向かっていたオカリン。
紅莉栖と真帆、どっちも天才で努力型だけど助手の方が上だった、というのはよく分からんけど。
最初に現れたクソダサスーツはレイエス教授だった。この辺はちょっと事情聞いた方が良いかもね。巷でレイエスは味方かもって話出てたし。
敵なのはほぼほぼかがりだからかがりをどうにかせんといかん。
それとまゆりの言葉を聞いてるから次からはその説明さえ省いてどうにかするべきだよな。時系列や時間軸的にはとりあえずやれるだけの事を先んじてやっとけば、例えばタイムマシン理論の部分、アマデウスや真帆たんの論文を電子データから一部取っておいて後は全部消すようにしとけば少なくともレスキネンが攻撃してくる事はなくなるんじゃないかな。殆ど筒抜けになるのは7月7日だろうし、6日時点でどうにかしないと。でもタイムリープしようにも意味深なぶっ壊れがあったから今回は駄目って感じがありそうね。そこからシュタゲ無印にオカリンにあのクソダサい明るいオカリンの図が出るまでどんだけ奔走するか楽しみである。
一回目のタイムリープ時点でオカリンはもう諦めない、無印のオカリンになってたのが良かったな。二回目からは更に情報や知識を持って臨む事になるけど、問題はかがりが出てくるタイミング、そして発砲音じゃないかと思うな。少なくとも発砲音が鳴るまではレスキネン一行も来てなかったしね、何でってタイムラグが1時間位早まったみたいだしね。もしかしたら前作と異なって真帆たんだから若干不完全だったりするのかもしれないね。それか紅莉栖がいるいないで元々の歴史が違ったのかもね。いっそまゆり達が出発する時間を早めたら良いんじゃないかな。セルンを動かすって手もある。どうもセルンとレスキネン教授は反目し合ってる、あるいは敵対勢力っぽいのはブラウンさんトコの反応を見れば明らかだからね。あー次回がもどかしい。