mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

姉さん女房ってなんだろうな

比較対象にはならないけど、普通男性が年下の女性と結婚しても言われるのは“歳の差婚”位なもの。
じゃあ何で女性が年下の男性と結婚すると“姉さん女房”と言われるのだろう。
分からない。
多少の誇張表現なのかもしれないが、確かにしっくりくる女性もいくらかはいる。
顔とか雰囲気的には北斗晶とか三原じゅん子辺りだろうか。
何となく男らしくてたくましい女性像を思わせる。
なるほどこういう男性的な女性であれば皆納得してしまうのかもしれない。
姉さん女房一つ取っても何が姉さんなのか分からなかったが、
比較する女性を立てれば何となくそのイメージ像は出来上がるのである。
また、そうしたイメージを植え付けたのは紛れもなくマスコミだろう。
彼らのイメージ作りが今日の姉さん女房という言葉を作り上げたのなら納得がいく。
ただ、女性から見て年下の男性はやはり頼りなく感じてしまうのだろうか。
頼られる女性イコール姉さん女房という実像が結果、結婚する度に“姉さん女房!”と言われてしまうのは
何となく心苦しいような気がするのだ。
やはり差別的に感じてしまうからだろうか。
何かそれに代わる言葉を用意して、姉さん女房なる昔ながらの“差別表現”に終止符を打たないと駄目だなと思えて来た。
男性的な女性既婚者に対する差別表現とすれば納得するのではないか。
そう思うと姉さん女房というのも見ていて気持ちのいいものではないのかもしれない。
言葉狩りかもしれないけど。