mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

それが声優とGATEに対する批判を見てるとげんなりする

それが声優という声優業界にメスを入れた?アニメと自衛隊に焦点を当てたGATEに対して
ツイッター民や増田で時たま批判される光景を見る。
それの何が問題かというと、簡単に言えば
たかがアニメに文句付ける俺カッケェ!が、業界批判したら賛同意見が多くてウハウハ。
これに尽きると思う。
俺の思ってる事は皆を代弁してると勘違いする輩も登場しつつある。
ワンピの同人描いて俺は尾田の代行者だと自負するある同人作家に賛同する人が多いのとよく似てる。
批判者は賛同者が多いって事なんだろうけど、
そもそもアニメや漫画の類には肯定する意見を含んで批判が多い。
結局、その責任や問題の所在よりも結果こうなったからこの作品は問題だとする結論ありきの論っていうのは
既にその作品で明文化されている事が圧倒的だ。
つまり皆が思ってる事というより寧ろ作中で言われ続けてるとか作品に対して既に出尽くした議論をさも今発見したみたいに批判を展開する奴が
最近の話題のアニメや漫画への批判になっている。
それが声優は白箱でよくある批判と変わらないし、GATEはブサヨが見れば発狂するシロモノだとずっと言われ続けてたんだけど
何故かこの手の批判は今発見されたと言わんばかりに展開されるので、あたかもそれへの賛同者が多いと勘違いしてしまいがちで、
俺はそれを見る度げんなりする。
誰もが知ってる事をコロンブスの卵みたいに発見した俺すげえと吹聴して、それを止める人もいないもんだから
ますますその批判を宙に浮いて、いつの間にかその批判の第一人者であるかのように展開されていく。
それは皆知ってる事なんだ。
だからそれでドヤ顔する奴にはげんなりするし、それを知らない人ってどんだけ情弱なんだよとツッコみたい気持ちを押さえて
今日も色んな批判してる人達を見て憂鬱になる。
井の中の蛙ってこういう事なんだなと先人は偉大だなとしみじみ思うこの頃。