mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

はてなー世界の美少女になりたい人達は、何故冴えヒロや俺妹の様なヒロインを思い浮かべるのか?

冴えヒロ、俺妹、俺ガイルの様な、精神が安易にやられるハーレムとは、是が非でも付き合いたいわけがない。
当然、妹がいて「お兄ちゃんだいすきっ!」と抱き付いて香りの高い香水みたいなフェロモンを
漂わせて実の兄であるボク(=オタクのおまえら)を誘惑する、そんな優しい世界に憧れるはずである。
現にカードキャプターさくらから続くブラコン妹像は今年も一つのトレンドであるし、昨今は姉萌えというか、年上のお姉さんがボクに優しくて甘い声でずっと囁いてくれる。
そういう世界がたまらなく好きなんだ。
もしかしなくても、昨今はきんモザやのんのん、ごちうさみたく、女の子ばかりの世界で男が存在しない(一人くらいはいる)から、いわゆる美少女になりたい人達で結成される美少女になりたい教もはてな村とかで細々と活躍してるだろうし、そうした人達が美少女しかいない世界を思い浮かべて右手、あるいは、左手(宗教上、左手を手淫目的で使う事は危ぶまれるが)を用いて胸の鼓動がドクドクビュッビュしたい衝動に駆られてリズミカルなピストンを所望しているはずで、
大事な事は女の子になりたいという劣情をどこかしこでぶつけるなら、冴えヒロや俺妹のヒロインたちの様な、ちょっと身体とか精神とかに欠点がある影のある女でありたいはずである。
少なくとも俺ガイルのヒロインは欠点なんて殆ど見当たらない。
主人公である比企谷くんの強烈なコンプレックスを引き継ぐ様に周囲に伝染された世界観なのだから、
それ系のコンプレックスメンは当然いるはずだけど、
だからといって件の美少女になりたい人達(はてなーのおまえら)は、メンタルブレイクしてくる俺ガイルに耐性などあるはずもなく、大抵はどこかしこにも欠点のない完全美少女に乗りかかりたいはずだ。
当然、はてなーとして、美少女になりたい教が発足した現在となっては、それを確かめる術はなく、仮にも美少女教であるのに選り好みするのも信仰上には何ら問題も意味性も感じない人達なので、
俺ガイルのヒロインにはなりたくないと感じてるのにもある一定の言い表せない感情というか、劣情が彼らの中に回り回って、
結果として、それらを除外した上で美少女になりたいと主張するのである。
要するに、何のキャリアもないただ純粋無垢な清純な美少女像を構築するために、不可欠な必要悪として冴えヒロや俺妹や俺ガイルの様なヒロインが存在する価値を認められるのである。
どうでもいいけど、自分の心に闇を持たないヒロインはいないはずだ。
きんモザなら綾やアリスがそうだし、のんのんはほたるや小毬がそうだ。ごちうさはリゼやシャロなんかがそうだった。とりわけ人気のヒロインほど、心の闇を持ったキャラクターはいないはずなのだが、どういうわけか、美少女になりたいはてなーには、目に入らないシロモノらしい事が些か疑問である。