mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

読書

岩城けい『サウンド・ポスト』 雑感 綺麗な話だった。

娘さんが3歳の時に外国人の奥さんと死別した和食レストランのコックが主人公で娘メグちゃんがお母さん不在で夜泣きで毎晩グズっててそのせいでずっとイライラしっぱなしでついに暴力を振るってしまうんだけどこの時親友の瑛二さんがいてくれた事がどれだけこ…

赤松利市『エレジー』 雑感 ニューハーフ回がぶっ飛んでて辛くも楽しかった。

三章あってショコラがニューハーフのキャバクラの話かな。今ならトランスジェンダーっていうアレ。バブル崩壊から色々あって足繁く通ってたショーパブも見切りを付けたけどある時支度してたクラブのママが飛んだと知人から聞かされて後悔する話で最初はふわ…

乙一『さよならに反する現象』 雑感 おそ松さんリターンズは特にいらなかった。

乙一先生っておそ松さんのアンソロジーでも書いてたんかな。 書き下ろしも特になかった気がするし2016~2020年か21年位のを単行本化したって感じで。 トト子ちゃんの話やね。そこに犯人のイヤミさんを捕まえるためにおそ松兄弟が手助けしてくれるみたいな。 …

宮城谷昌光『公孫龍 巻二 赤龍篇』 雑感 趙恵文王に燕昭王に楽毅に孟嘗君にオールスター揃い踏みだった。

今回も面白かった。 公孫龍が沙丘の乱を経て趙の信頼を得て更に燕でも隗より始めよでお馴染み郭隗先生との知己から名君昭王に仕える民間の商人として斉や魏などの諸国を渡り歩くという内容でその中で巻一や今回の趙武霊王を餓死させた乱で敵対した衆人の残党…

湊かなえ『ドキュメント』 雑感 確かに料理本って見るのと作るのって違うよね。

シリーズモノの第二弾で前作はブロードキャストだったかな。 下手なりにかいつまんで言うと、ラジオとかテレビとかといった媒体を通じて高校生らしさを伝えるコンテストがあってそれをやる部活が放送部でその放送部にひょんな事から中学陸上で名を馳せたもの…

大山淳子『猫弁と鉄の女』 雑感 偶然が重なり格安で新居を構える事になる世にも奇妙な話だった。

いや実は本書が初めてだったりする。たまたま猫弁というのが面白そうだなと手を取ったんだけどこれシリーズモノだったんだね。 問題はシーズン1もシーズン2であるこれもどの話から取っても楽しめるように作られてるとかで実際普通に面白くて楽しめた。 猫弁…

宮城谷昌光『三国志名臣列伝 魏篇』 雑感 それにしても曹休って他の重臣たちに比べると格落ち感が否めないね。

鍾繇は宮城谷先生のお気に入りなのかな。 以前読んだ三国志の名臣列伝にも出てたような気がする。 気がしただけで違ってた。多分似通った人がいたんじゃないかなと思う事にした。 それはそうと今回の魏篇の登場人物はあんまり曹操時代の名臣というよりはその…

田中茉莉花『白い朝』 雑感 直面した悪意の正体。

読んでて最初何の事かと思ってたら段々その正体が見えて来た。 問題の所在はある中学校内に蔓延る派閥か、悪意の正体はどこにあるのか。 教育長が犯人っぽいよね。これ別にミステリーでもサスペンスでもなくて本書の紹介では私小説という括りで。 筆者の経歴…

朝井リョウ『正欲』 雑感 どんな理由であれ犯罪は犯罪だから。

そう決め付けてしまうのは仕方ないと思う。 ましてや児童ポルノ、それもゲイセクシャルな領分なら尚の事。 群像劇というかオムニバスというか、何章に分けられるものでもなかったけど思い詰めて何かではなかった。 児童ポルノ所持が児童買春から芋づる式にっ…

宮城谷昌光『三国志入門』 雑感 次に宮城谷先生の歴史小説読みたい(書いて欲しい)ものがあるとすれば、馬謖を是非読みたい所。

宮城谷先生が董卓をべた褒めしてて草だった。でも董卓で責められる部分は恐らく董卓銭だろうしね。董卓銭の鋳造は当時の後漢王朝の経済事情がインフレで物価が高くなりすぎてたから正常化させようと試みた董卓の政治手腕が成した経済政策であったんだけど思…

誉田哲也『もう、聞こえない』 雑感 幽霊憑き探偵みたいな話だった。

つまり半分くらいはファンタジーだった。ミステリーというよりはサスペンスに近いかな。犯人は菅谷栄一社長と男女いや男男の関係にあった奴だった。凱斗っていうんだけどさw 最初に殺された被害者浜辺友介が偽名で15年前に殺された19歳の少女みんみと呼ばれ…

安保邦彦『明けない夜の四日市』 雑感 コロナ禍にある今だからこそ読むべきかもしれない。

題名の通り四日市にまつわる事件といえば四大公害の一つである四日市ぜんそくだが、それを当事者企業に勤める立場の人とその家族の想いが物語の中心だったと思う。 主人公の幸吉が三菱化学の前身である会社に勤めててそこで昇格試験を受けないか?と打診を受…

宮城谷昌光『公孫龍 巻一 青龍篇』 雑感 凄い難しい古書からの引用と聞いてたけど読みやすかった。

やっぱりこういうのを小説化するのが得意なんだろうね。めっちゃ面白かった。 大体5時間弱あれば読了出来ると思う。いや早い人は3時間も掛からないんじゃないかな。 時代は戦国時代の周王朝の頃。周の王子が後継争いの陰謀に巻き込まれて燕へ人質として向か…

宮城谷昌光『孔丘』 雑感 孔子でなく孔丘を書きたかったという事。

相変わらず面白くて相変わらず最初の勢いが怒涛でそれが後半になると段々緩やかになるのが先生の特徴だけど 今回はそうじゃなかったね。 魯で起きた国家を揺るがす大事件から10数年間衛や楚、陳などに亡命して再起を図ろうとするんだけど中々時節に恵まれず…

麻生幾『観月』 雑感 公安警察の家族も大変だわ。

おもっくそバレあり。あと九州の方言がやばすぎて誤植に見える場面がちらほらあって困惑した。 でも読みやすかった。400ページ位あったけど5,6時間掛ければ何とか読めるかも。

遠藤彩見『二人がいた食卓』 雑感 書評にどっちが悪いか分からんみたいな事書いてあったけど間違いなく不倫してた夫が悪いよね。

交際1年足らずのカップルが結婚を大いに推奨する会社に強引に勧められるままお試しのようにしてみた結婚が1年そこらでジェットコースターのようにスピード離婚に進んだ原因は何だったのかという話。旺介が独りよがりでクズだったわ。最後の最後にどうして泉…

村本太志『透明な耳。』 雑感 障がいと向き合う事の難しさ。

健常者だった人が突然障がい者になり耳が聞こえなくなって世界が180度変わってしまった、それが普通の女子高生だったらという話。 最初は突然の出来事に混乱して家族に当たったり友人や恋人に隠そうと必死だった由香ちゃんが生涯を通して好きだったダンスの…

仁木英之『我、過てり』 雑感 戦争に強くても政事に疎ければ勝っても負けるという奴だね。

常勝大名だった武田信玄を信濃争奪において三度も打ち負かした村上義清の話は某ノブヤボプレイ動画から知った口だけど村上って結構過少評価されてるよねって。 その点のこの本では過ちを認めつつその武勇で信玄をへこませた武人虫の武人だという事を紹介して…

『5分で読書 恐怖はSNSからはじまった』 雑感 最後の奴はシュレディンガーの猫?

カドカワ読書タイム編。 結構面白かったね。何ならカクヨムで読んだら良いっぽい。 炎上の奴とネットストーカーの奴は特に好きかな。 アノニマスって香取慎吾主演のSNSの炎上をテーマにした刑事ドラマがあるんだけどこれにちょっと該当しそうなのがあるよね…

秋吉理香子『婚活中毒』 雑感 全体的に非常に読みやすかった。特に大矢博子(書評家)さんの解説がめっちゃおもろかった。

・理想の男 四十路まで見合いを断り続けた女性がイケメン彼氏にこっぴどく振られる所から始まる。何とか結婚せねば!という想いから地元の有名紹介所へ行きそこで一人で切り盛りする女性社長の紹介である一人のイケメン男性がデートする事になった。 非常に…

朝井リョウ『スター』 雑感 色んな既視感が蘇ってくる、邂逅っていうのかな?そんな作品だった。

ページ数多くて驚いた。400ページ近くあるよね。 今年の5月末くらいまで朝日新聞で連載してた奴を加筆修正したらしい。 映画監督を目指す主人公が二人いてそれぞれが大人の世界に足を踏み込んで挫折を味わいながら昔を思い出して前に進んでいこうという有体…

武田綾乃『どうぞ愛をお叫びください』 雑感 京アニさん、ユーフォよりこっちアニメ化してくれよ。

幼馴染だったけど最近疎遠気味だった人気者の織田に誘われて趣味が動画編集の主人公の松尾が高校生ユーチューバーとして様々な仲間と巡り会って活動していくというもの。 坂上って表紙の真ん中だと思うけど結構いかつい顔つきで無条件に悪そうだと思ってたら…

湊かなえ『カケラ』 雑感 価値観は人それぞれでそれを押し付けるものではないという事。

湊かなえの小説って十中八九山岳部とか登山部が出て来るというか山の話大体出て来るよね。 もちろん全部が全部じゃないんだけど、前にTBSのドラマでコーヒーを持って行ってというコーヒー好きの人の話があったけど、あれも確か山奥かな登山する話だった気が…

泉麻人『夏の迷い子』 雑感 モナカカレーってちょっと食べてみたいではある。

オリエンタルカレーの話から当時のレトルトカレー、昔だと即席カレーっていうのかな。 その話題の中でモナカカレーなる、“栗みたいな格好したモナカにルーが詰まっている(テレビ男/p-108)”という文を見つけてそんなけったいなものが当時流行してたのかと感動…

石田衣良『清く貧しく美しく』 雑感 フィクションだから気軽なんだな。

現実的にはどうなんだろ。 目の前でちらつく華やかな正社員の世界に今一歩足を踏み出そうとする自分と今のまま腐れ縁のような生まれた時から対のような関係の優しい彼女と貧乏なリアルから抜け出そうともがいたはずが弱さを肯定して強くなったらもう正社員を…

湊かなえ『落日』 雑感 自殺は事故死、事故死は殺人、あの日出会ったあの子は別人だったという話。

2019年9月2日の作品ね。 最近湊かなえを読んでなかったのにこの間直木賞にノミネートされたのを思い出して久し振りに読むかと読んだなかった所からとなると落日からかなと思って。 最新作のカケラはまだ読んでないけど、落日を先にと。この人の作品って殆ど…

宮城谷昌光『湖底の城 第九巻』その他 雑感 伍子胥は比干となり范蠡は微子啓になった。

湖底の城 九巻 92点 とはいっても范蠡はどちらかというと其子になった、という方が分かり易いかな。 ただ宮城谷先生がわざわざ比干と共に比較した忠賢として微子啓を挙げたのであえて范蠡を彼に準えた。 相変わらず一巻から続けて読んでいくと最終巻の手前ま…

大嶋信頼『催眠ガール』 雑感 中学か高校の頃に読みたかった。

ある一人の中年男性と(催眠)の出会いが夏目ちゃんを変えたって話。 最初は自分を変えたくて催眠療法、いわゆるリーディング(心理学の一つ)をやるんだけど 段々周りを変えて行きたいと思うようになって自然とムーブメントが完成されていって皆の成績がぐんと…

湊かなえ『ブロードキャスト』 雑感 コミカライズでイメージが強くなって一気読みした。

いつもと異なる湊かなえの学園青春物。いやこの人いつも殺人だったり欺瞞とか虚構とか人格破綻とか好きじゃん。 まさかこんな素敵な物語書けるとは思わなかったんですよ。で最初冒頭でお腹いっぱいだった。その後しばらくしてコミカライズが連載されて読んで…

新井素子編『ショートショート ドロップス』 雑感 ミステリー要素はいらなかった。

初恋、チヨ子は続きモノだったな。 面白かったのはさくら日和からタクシーの中で、超耐水性日焼け止め開発の顛末、冷凍みかん。 他の作品も面白そうだったけど、特に中盤のSF系がちょっと合わなかった。 後半はミステリー要素が出てきてて面白かったのは確か…