mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

科捜研の女 season19 第24話 雑感 どうせまた帰ってくるんだろ。待ってるぞ。

【土門刑事の選択】<さらば土門…旅たちの時!>1999年に起きた学生死亡事件の関係者が次々と殺害される中、姿を消した土門の親友刑事…、その目的とは!?そして異動打診に土門が下した決断は!?

フリーライターの男が絞殺された。遺留品から、土門(内藤剛志)と同期の元刑事・火浦(升毅)が容疑者として浮上。19年前に死亡したはずの彼が生きていることが分かるが、すでに逃亡していた。
被害者が調べていた1999年大みそかに起きた2つの事件…。大学サークルの集団自殺事件、同サークル学生・楡井敏秋の不可解な転落死。当時サークル顧問だった森迫(大河内浩)から被害者へ多額の振り込みも発覚し、何らかの隠蔽が疑われた。
だが、森迫がほどなく絞殺体で発見!火浦にさらなる容疑がかかる中、土門の前に突如姿を現した彼は、「人間として犯してはいけない罪を犯した」と言い残して逃亡。
20年前に起きた2つの事件、そして火浦と土門の元妻・有雨子(早霧せいな)との間で、一体何が起きたのか?真相を追う土門とマリコ(沢口靖子)の前に、やがて恐るべき真相が明らかに!?そして警察学校への異動の打診が土門に告げられ…。土門の下した決断とは!?

沢口靖子内藤剛志若村麻由美風間トオル金田明夫斉藤暁渡部秀山本ひかる西田健石井一彰 升毅早霧せいな辻萬長、大河内浩、森下じんせい、中村凜太郎、大八木凱斗、井上藍香ほか
http://www.tv-asahi.co.jp/kasouken19/story/0024/
http://www.toei.co.jp/tv/kasouken19/index.html

不倫でなく捜査のために土門の妻有雨子さんとの関係を吐露する火浦。
やっぱハメられたんかな。
古河議員に25年前のミレニアム集団自殺について調べていた広辺、法務学長の森迫が相次いで殺された事に対して元警察官(警備部長)として関わってたんじゃないか?という事について教えて欲しいと。2006年に流行したある出血熱のテロ散布材をミレニアム集団自殺する予定だった学生たちが持ち込んでいた?それにいち早く気付いたのが土門の奥さんだった。彼女は当時大学病院で看護師をしてたと。当時看護を受けてた楡井(にれい)がその学生団体ノストラダムスの会に所属してたけど子供が生まれる事になって抜けようとした、かな。火浦や古河議員はテロ案件として内調する関係で楡井を協力者に引き込もうとしたその関係で最も信頼されてた有雨子さんが選ばれたが、大みそかに火浦と密会してたみたいになってたんだな。それは楡井を助けるためもあったが、その後ノストラダムスの会のメンバー10人が出血熱の毒物を飲んで集団感染するように仕向けたんだけど、未然に防がれたのかな。それで年末年始の出来事で混乱を起こしたくないと警察は隠蔽する事にしたっぽい。
楡井は殺害され、その恋人室岡千佐子も今年に死去、彼らの息子厚也がいることが判明。現在19か20歳っぽい。アクリルシリコン樹脂についてそれを扱う塗料会社でバイトしてたのが判明して実は殺された森迫?についてた索条痕から同種の塗料が見つかった事で彼が今度の一連の殺人に関わってるんじゃないかと断定する土門、マリコさん。

その後大晦日で監視され殺されそうだった楡井さんを見殺しにしたのは火浦だった。その際協力関係にあった有雨子さんはこの時の見殺しを悔いてたんだな。でこの見殺しはちゃんと理由があってこうしなければ楡井さんの子供である厚也さんも生まれる事が出来なかったとか、ノストラダムスの会に殺されてた可能性があるからなんてな。
その後偶然出会った厚也さんに楡井父が殺された事をつい喋ってしまい、独自に調査。その過程で広辺に依頼して広辺は当時の会のサークル顧問の森迫を脅して頓挫。火浦が自分が見殺しにしたことを隠してたから公開しないようにと説得してたけど厚也さんはキレてまず広辺を殺害、森迫も厚也さんかな。
晦日に有雨子さんと一緒にいなければ彼女が気に病むことはなかったというかそういう事実に直面する事はなかったし土門刑事と離婚する事もなかった。火浦のわがままが結果多くの人を巻き込んだ、という事みたいね。うーん、すっきりしないな。