mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

金曜8時のドラマ「特命刑事 カクホの女2」 第4話 雑感 隣家のクソババアの一方的な逆恨みによって一軒の幸せな家が家庭崩壊する胸糞回だった。

金曜8時のドラマ 特命刑事 カクホの女2 第4話

北条百合子(名取裕子)と三浦亜矢(麻生祐未)の目の前でスピード超過の車が電信柱に激突。運転席に乗っていた栗山哲は「ブレーキに…誰かが…」と言い残して、絶命する。
百合子はブレーキに誰かが細工をしたのでは?と疑うが、捜査の結果ブレーキに異常はなかった。助手席に乗っていた沢口香苗は一命を取り留めたが、意識不明。
香苗の一人娘・結花(佐々木千惺)と事実婚の相手・三井大輔に会った百合子はある事実に気づく…。

ゲスト 沢口結花…佐々木千惺 沢口香苗…遊井亮子 永井恵美…藤真利子 栗山哲…伊達直斗 三井大輔…阿部亮平

結花ちゃん13歳が凄いしっかりした子だったな。中の人は子役からやってる子か、中々洗練されてるな。
栗山さんを殺した犯人と沢口母娘の深い事情は関係する?娘が母親の不倫に気が付いててそれが顔に出て言葉に出てどんどんわだかまりが増えていく。
ブレーキを誰かがと言い残して死んだがブレーキに細工はなかった。赤い粉が現場から発見。赤いレンガがブレーキの下に差し込まれてた。結果ブレーキをいくら踏んでも停止できずに・・・。それが出来た人間は限られている。結花ちゃんの家の隣の赤レンガと一致したみたい。ブレーキ下のレンガを取り外せたのは沢口香苗しかいないと思われた。だけどそんなに上手く行くのか?と北条さん。亡くなった栗山さんはシートベルトを着用していて赤レンガを取り除く事は不可能だったらしいし。

と言う訳で今回の真犯人は沢口香苗が必死に庇おうとした娘、結花ちゃんだった。
隣のおばさんの永井さんが根も葉もない誹謗中傷を繰り返して結花ちゃんが錯乱。内縁の夫三井さんは岩田(結花ちゃんの円光相手か?)と結花ちゃんが一緒に居た所を目撃したと。円光してたんだな。18歳と偽ってた彼女を知って彼女の風聞を気にして庇ってたみたいね。その傷害事件が原因で結花ちゃんも父母二人の行く末を憂いたって事か。事実婚の夫三井さんも母親の香苗さんも結花ちゃんの事を考えてたけどそれを彼女に口にしなかった事で彼女が気を病んで結果、不倫相手と昼に行ってると思われる香苗さんが車から離れてる内に赤レンガをブレーキ下に置いたと、悪戯のつもりだったけどブレーキが利かずに栗山さんは亡くなり母親の香苗さんも重傷を負ったみたいね。意識こそ事件解決後に取り戻したけど可哀想だわ。

その元凶が隣のおばさん永井恵美。彼女が結花ちゃんに根も葉もない嘘を吹き込んで13歳を鬱状態にして今回の事件へと導いた。永井は隣家の幸せな様子が気に入らないという個人的な逆恨みからデマを結花ちゃんに吹聴し続けた。その結果気を病めた結花ちゃんが今回の事件を巻き起こしてしまったそうな。これ罪に問われないの?胸糞悪い事件だな。13歳の娘は実質殺人鬼としてこれから悩み続ける事になるのにその元凶であるクソババアは罪に問われないのよ。理不尽。
私は悪くないって延々言い続けたクソババア普通に上手かったな。死刑で。