mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

金曜8時のドラマ「特命刑事 カクホの女2」 第2話 雑感 大事な証拠品、紛失してもいいですか?←駄目でしょ!

如月光太郎(高橋克典)を逮捕するため、警察に復職した北条百合子(名取裕子)。
息抜きに三浦亜矢(麻生祐未)と海釣りに行く途中、小山内寛治の首吊り死体を発見。
警察は自殺と判断するが、小山内が水嶋直哉(河相我聞)に脅迫メールを送っていたことが発覚。
水嶋が小山内を殺したのではと推理するが水嶋には料亭で会食をしているというアリバイがあった。
しかし店の警備員・山崎(渡辺大)がそのアリバイを崩す証言を始め…。

出演者
北条百合子…名取裕子  三浦亜矢…麻生祐未  如月光太郎…高橋克典(特別出演)  竹宮圭介…加藤雅也  城田正樹…大東駿介  
芹沢隼…長谷川初範  浜口洋二…正名僕蔵  黒木達也…小野塚勇人  磯貝宏行…生島勇輝  平純樹…渡辺碧斗


小山内さんが妻の死を機に自殺したと処理されたけどその後その奥さんが自殺、それも金融詐欺というか不動産取引に関する集団詐欺事件に巻き込まれて自殺。
その詐欺をしたのが水嶋だった。アリバイ先の料亭ではどうも口裏を合わせてる感じだったな。
警備員山崎から厚生労働省添田といつも来店してたと。
どうやら添田認知症老人のリストを横流ししてもらう代わりに料亭のコンパニオンに性接待してもらうようにして貰ってたと。
しかし水嶋は寝ていただけと。否認ばかりするので物的証拠の指紋以外で鑑識に聞いてみると気付いた点があったと。満漢全席言い過ぎやで。
小山内さんの家は質素なのに高級ワインと高級グラスが置かれてた事から北条は何かに気が付いて。

犯人は警備員山崎孝志だった。急死した母親が軽度の認知症で詐欺グループの被害者だったようだな。彼は小山内さんと詐欺グループ被害者の会を結成して水嶋の疑惑を探したけど法の抜け穴を見つけられず小山内さんが殺されたかのように偽装してもらい(そのために北条と偶然会った風を装う。冒頭の話)、アリバイ工作を始めた。グラスやワインは料亭にあった水嶋の指紋付きのものを小山内さんの家に置いただけ。その結果自殺と処理されず殺人事件として捜査された、山崎にとっては小山内さんは自殺した母親に代わる親代わりに思ってたのかな。だから母親よりも小山内さんの遺志を継ごうと考えたのが偉いな。
殺人の物的証拠や状況証拠の段階でほぼ完全犯罪的に立証されてるのと山崎の決意の硬さもあって水嶋は憔悴しきる。結果的に水嶋は謂れのない殺人冤罪の恐怖で殺人でなく詐欺の方で自白しまくる。だから詐欺罪(億規模だから通常の詐欺とは別。しかも厚労省の人間絡んでるからな)で立件されそうだな。
しかし副所長が見つけた決定的な水嶋の無実を証明する証拠を北条が山崎ら被害者に絆されて一瞬でも紛失しようとしたのは警察にも人間臭い人はいるんだって分かるのは面白いな。つってもこの人はもう嘱託だけど。
オチは最高に面白かったけど紛失したら問題だよな。いくら上や他の刑事に話してない証拠能力なき証拠とはいえ、証拠なんだからそれを捨てるのはとんでもない。でもこういうオチもあっていいよな。

私、犯人分かっちゃいましたー!は今後パロネタ的に毎度出てくる事を願う。