mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS 第127話 雑感 久し振りに最高に笑える話だった。サスケェのイキリ中二時代は絶対黒歴史だもんな・・・。

f:id:mouseion:20191006180212j:plainf:id:mouseion:20191006180215j:plainf:id:mouseion:20191006180220j:plainf:id:mouseion:20191006180223j:plainf:id:mouseion:20191006180226j:plainf:id:mouseion:20191006180229j:plainf:id:mouseion:20191006180233j:plainf:id:mouseion:20191006180236j:plainf:id:mouseion:20191006180247j:plainf:id:mouseion:20191006180252j:plainf:id:mouseion:20191006180256j:plain


新OPはなんとmiwa。この人もすっかりアニソン歌手になったな。EDも変更。猪鹿蝶EDもええやん。流石岸影肝いりストーリーなだけに今週はネタ的にも気合入ってるな。
ナルトの師匠は自来也。ペイン戦で死体ごと消失してるからしゃーないんだがエドテンされる脅威に晒されなかったから良かったわ。何せ自来也は拙いながら仙人モードが使えたし術数もプロフェッサーヒルゼンの弟子だけあって多岐に渡って対戦してたら絶対苦戦してたからなあ。

ちなみにカカシ先生は自来也の孫弟子にあたる。それは四代目波風ミナトがカカシの師匠で自来也の弟子という関係があるからなんだよな。その自来也の師匠は三代目なんだよな。

自来也ことエロ仙人は五代目綱手と音の大蛇丸と合わせて三忍なんだわな。アルバムをめくって懐かしがるヒナタママ。しかしサスケェは中二患ってたからなぁ。ネジおじさんとヒナタはあの当時で良い関係だったのが良いな。

サラダちゃんがイチャイチャタクティクス知ってるのは草。どうもタクティクスは例のサスケのキャラクターがぶっ壊れた伝説の親子の日回にてカカシにアドバイスがてら貰ってファンになったのかね。それで知ったと。
キバやシノ先生はイチャイチャタクティクスの真実を知ってるの草。あれエロ本だからな。
シノ先生曰く確かに立派ではあったけどキバ曰く火影の器じゃないつってたけど自来也は面倒臭がりだったからこれは事実なんだよな。でもナルトと火影争いしたってネタ、キバがサラダは無理でもボルトは騙せたみたいでワロタ。
でもタクティクスはエロ小説だから、サラダちゃんの言うように人生経験積まないと読むべきじゃないよな。
火の国の考古研究チームが化石のような遺物を海底から発見というのは気になるけどボルトたちがスルーした事で無かった事にされたけどこれ伏線だよな。

サスケってそういや自来也と直接会話した事ないよな。当時は兄(後に和解して仙人カブト戦で共闘するまでになったが)を恨んで中二患ってやべえ事やってたんだよな。ボルトは今でこそ優しくそして時に厳しいながらも父親のようなサスケェと師弟関係だけど、どうしようもなかったからな、あの頃は。そして自来也はナルトにとって師匠であり父親だったからなあ。ヒナタのストーキング生活って幼少時から始まってたんだよな。当時はナルト、サクラちゃんの事が好きだったんだけど、問題は青年期にはその想いはなくてサスケェ愛で溢れてたんだよな。ホモを優先するホモの鑑だったからなあ。

ヒナタはタクティクスの内容は知らんかったのかな。でもナルトが父親、師匠として敬慕した大事な人の遺産だしヒナタも夫の手前捨てる訳には行かないし、また怒り狂ったらボルトに内容バレるから仕方ないね。チョウジがチョウチョウを注意した時の様に子供にはまだ早いんだと悟らせるだけで良いよな。子供の情操教育にあの小説はアカン。。。

で次回はあの例の遺物関係の調査にサスケとボルトでツーマンセルしてウラシキと戦うみたいだけど、その最中に過去に送られるのかもしれないな。