mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

刑事7人 第5シリーズ 第8話 雑感 元警官でも介護や育児目的での退職なら復職出来たんじゃないか?ただ上司と折り合いが悪かったから紹介状貰えなかったんだろうな。その上司は死ね。

【その人は本当に警察官ですか?ー“なりすまし男"衝撃の正体】
「殺害された男は工藤という警察官」と、現場にいた老婆は語る。しかし天樹(東山紀之)が調べを進めると、彼女は認知症を患っており、遺体の名前も職歴も嘘だらけで…?

上半身裸、トランクス一枚に靴下と革靴だけを身に着けた男の遺体が見つかり、専従捜査班が臨場する。野々村拓海が、ぼう然と立ち尽くしている老婆に声を掛けたところ、菅原充子というその女性は、被害者が“工藤”という交番の巡査だと言う。
情報をつかんだと張り切る拓海だが、海老沢芳樹から被害者の身元が判明したと連絡が…。指紋から特定された被害者は一戸琢也という元警察官。
充子のいう“工藤”ではない…と、肩を落とす拓海だが、現場にいた制服警官から充子が認知症を患っていると聞かされる。気を取り直して充子を自宅まで送った拓海は、手料理をごちそうになることに。
すると、おいしそうに食事する拓海を見た充子が、ふと何かを思い出したかのように、つい先日家に来た“工藤”の右頬には傷があったと言い始める。
後に、東都大学の法医学教授・堂本俊太郎から、被害者の右頬に外傷があるという解剖所見を聞いた拓海は、一戸と“工藤”が同一人物だと確信する。

東山紀之田辺誠一倉科カナ白洲迅塚本高史吉田鋼太郎北大路欣也赤座美代子金井勇太、佐野弘樹ほか
http://www.tv-asahi.co.jp/keiji7_05/story/0008/
http://www.toei.co.jp/tv/keiji7_05/index.html

そいつは工藤さんじゃなかった。一戸って元警官で元宮という以前補導した事のあるチンピラと共謀して充子さんの自宅から1000万円を騙し取った人間の屑だった。その二人が殺された。三人目の存在が明らかになってきたそんな所へ。元宮の言い分からすると市役所の人間あるいは美人局で脅されてた副市長?シロアリの話持ち出すって事は市関係じゃないかな。他の窃盗事件からも市のボランティアね。詐欺の被害者3人はちょうど80歳を祝う会で副市長の森川が情報漏洩疑惑と。
サルビアの花粉って何で付着したんだろうなという所で天樹悟る、いつもの流れへ。


高齢者支援課長津島が犯人か。そうだよな。元宮と裏で結託して女癖の悪い森川副市長から金を騙し取っていたみたいだね。シロアリ業者を装った男と津島も猫アレルギーだった。元宮の衣服には唾液が付着してて猫の溢れる公園で猫アレルギーを発症して現場に残してしまいました。年収650万円って少ないか?
一戸さんが警官を辞めたのは青森の漁港で定食屋を営む母親の介護だったそう。10年前から9年間も介護してたんだと考えるとつれえな。35歳になり再チャレンジも仕事が見つからず元宮に出くわしたんだな。あれおかしいな。警察官って復職と言うか再雇用枠あったよな。介護休暇って最大何年位出来るんだろうな。
一戸さんは金庫にあった1千万円を充子さんの夫が眠るお墓に隠してたそう。散々お墓参りした方が良いよと言っていたのはこのためだったのね。一戸さんが殺された理由は充子さんのお金を隠した事。彼女にちゃんとお金が残るようにした。
その証拠が現金の袋に同封された手紙。亡くなった母親を重ねたんだろうなってのは察しが付く。脅迫の片棒を担がされたとしてもそれは元宮が悪いしな。しかし充子さん役の俳優さんうめえな。