mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

サイン-法医学者 柚木貴志の事件- 第6話 雑感 法医学もう殆ど関係ねえや。

法医学の未来を守るため解剖結果をねつ造してしまった柚木(大森南朋)は、自責の念にかられ「日本法医学研究院」を辞職。
その矢先、女性会社員が金槌で撲殺される事件が発生し、落合という不審者が連行された。だが、落合にはアリバイがあり、有罪を裏付ける証拠は皆無…。
一方、3年前に自分の妹を意識不明の重体に陥らせたのも落合だと確信した新人解剖医・景(飯豊まりえ)は憎悪をたぎらせ、証拠探しに躍起になるが…!?

韓国ドラマをリメイクしたこれ、前回柚木がクソしまくってクソ展開死ねだったけど最後の最後に被害者遺族が一矢報いてくれて気持ち良かった。
景ちゃんの因果応報とはいえ妹の優ちゃんからの助けを求める電話をすげなく断って結果重体、植物状態で呼吸器外すかって段階。落合の煽りに対して景ちゃんも当初こそは苛立ってたけど落合の出身校まで行くとどうやら特進コースに入学したのに留年そこから堕落したみたいね。それを告げた途端突然キレて殺害されかける景ちゃん。一方千聖は恐らく野田時人という、落合と同じ留年組だった奴がゲーム会社にいたらしい。そいつと組んでゲームのシナリオ通りに殺人計画を実行してたそうな。実行犯の一人落合は殺人未遂の現行犯で捕まえたものの、もう一人の犯人野田はまだ捕まってない。奴はピエロになった。冒頭の殺人?で落合にアリバイがあったのは野田との共犯関係だったと。野田のその時のアリバイが立証されたら面白いけどそこまで話は進まんかった。いや進まなくて良いよ。
で次回へ。いや結構面白くなってきたね。前回は胸糞だっただけにワクワクする猟奇殺人劇で期待せざるを得ない。