mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

刑事7人 第5シリーズ 第6話 雑感 娘の為に殺人を見逃せって何か都合の良い犯人だったな。つくづく自分に甘いよな。娘を殺そうとしたくせにな。

環(倉科カナ)が警察人生で初めて関わった、10年前の交差点事故の加害者が殺された。当時の上司が、事故現場にあった信号機の工事会社の社長になったと知った環は…?
脚本:池谷雅夫 監督:長谷川康 音楽:奈良悠樹
天樹悠…東山紀之 水田環…倉科カナ 野々村拓海…白洲迅 青山新塚本高史 片桐正敏…吉田鋼太郎 堂本俊太郎…北大路欣也
【ゲスト】とよた真帆、若柳琴子、加藤虎ノ介安達健太郎、倉田昭二、菅井玲坂東彦三郎、菅原大吉、ほか

犯人は瞳さんの母茜だった。その10日前に亡くなった夫からはDVを受けていた。当初自殺とみられてた夫の死には殺害なんじゃないかと。瞳さんが母茜が父を殺害した事を目撃していてその事を尋ねた直後長い坂から車椅子の手を離されて殺されそうになったそうな。一方当初殺された和田さんは正に聖人のような人で実際には茜さんにぶつかったのが原因で瞳さんが大怪我を負ったのだと思ってたのでそれから10年間彼女の治療費と彼ら母娘の生活費を工面していた。と同時に何でそんな事故が起きたのか調べていく内に殺される前日、瞳さんから父親を殺したのが母親だと告げて苦悩。ノートにその事を書いておき(これも証拠になった)、自首を促した所娘を引き合いに見逃せと言って和田さんが背中を見せた瞬間殺害。これを天樹に指摘され、証拠物品のカーペットのいぐさを証拠品として押収しようとすると再び見逃せと言う子の母親、どんだけ自分に甘く都合の良いさまなんだろう。でも誘導員の池松が茜の旦那の話を知っていたので裏付けが為されたのもあって、また瞳さんの意識もある程度回復していたので御用となった模様。しかしひっでえ犯人だったな。半身不随になった娘瞳さんをこうしたのは母親自身なのに娘を盾にゆるしを乞う様は情けないというか、言い訳するなよと思った。悪い事をしてないのなら許しを乞うのも良いけどこいつは合計3人殺傷してるからな。死刑で良いよ死刑。実の娘まで殺そうとするとか最低だわ。DV夫については情状酌量の余地があったかもしれないけど、事故をでっち上げて10年も苦しめた冤罪の和田さんを殺した事は情状酌量の余地がない。そして娘瞳さんを殺害しようとしたのだって問題がある。執行猶予なしで実刑判決になるんじゃないかな。個人的には死刑妥当なんだけど適当な刑としては無期懲役か懲役15年程度で出てくるんじゃないかな。犯人の家庭環境や子供時代の状況は大分加味されるだろうし。