mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

サイン-法医学者 柚木貴志の事件- 第5話 雑感 クソドラマ死ね!と思ったけど最後どんでん返しで久しぶりにワロタ。今年のワーストドラマは“いだてん”とこれだわ。クソドラマ過ぎる。

恩人である「日本法医学研究院」の元院長・兵藤邦昭(西田敏行)の自殺に、激しいショックと疑念を抱く柚木(大森南朋)。
その矢先、不審な死を遂げた医師2人に続き、元看護師も遺体で見つかり、3人の接点が“25年前の医療ミス疑惑"にあることが判明!混迷を極める事態…。
やがて、同じく25年前にこの世を去った柚木の父の死因に関する“衝撃の真実"も明らかに!この真実が、柚木の確固たる信念に揺さぶりをかけ…!?

大森南朋松雪泰子、飯豊まりえ、高杉真宙佐津川愛美淵上泰史、吉田ウーロン太、小久保寿人横山涼柳美稀猪野学森川葵、木下ほうか、利重剛西田敏行(特別出演)、仲村トオル

クソつまんねえええええええええええええええ柚木貴志死ね!もうこれ打ち切れよ、クソつまんねえ展開しやがって。これがテレ朝一押し韓国ドラマリメイクですよと思ったら青酸カリ仕込んでて大草原不可避。
私は何も知らない!くどい!ンゴゴゴゴゴ・・・死亡。草生える。門田先生結局何の為に出て来たんだよ。
安本祥子って誰だっけ。兵藤院長が唯一医療ミスをして捏造したカルテの人物だったとか。それでトオルちゃんもとい伊達に言われるまま自殺かな。
小笠原先生がどのみちクソ。門田先生は毒殺。そこへ安本さんの遺族が訪問、病死じゃないんだろうな。
安本祥子の解剖結果を捏造に対して伊達は結構詳しいな。この隠蔽工作に対して柚木啓祐つまり柚木の父親が気が付いて告発しようと抗議したところ、今回の事件で使用されたアンチモンを紅茶かコーヒーに混入されて殺された。兵藤先生は小笠原家と昵懇だった(法務大臣が身内)から利用された。
という事を伊達から聞かされた柚木、これどこまで真実かねえ。恩師が父親の死の真相を偽装したってのは。
これ当初は伊達が悪者なんだろうと思ってたらだんだん伊達は良い奴で良い人と思ってた恩師兵藤先生が悪い人だったに切り替わってきてて頭の中が混乱しかけてる。韓国ドラマ原作のリメイクにしては中々良く考えられてるな。
内因性急死と診断結果を勝手に出す柚木。マジでクソだわ、死ね。ひよりやがって死ね!!!
マジつまんねえわ。
と思ってたら最後の最後にジェバンニが仕事した、安本パパが小笠原院長を青酸カリでぶっ殺した、いやスッとしたわ。
スッとしたけど柚木はとりあえず死ね。死んでくれ。あと大森と中村下手過ぎる。何で大根を主役に抜擢したんや。棒演技過ぎて笑ったわ。仲村トオルに至ってはテレ東ドラマbizの時の方が全然良かったわ。やっぱりこれ構成と演出が駄目なんだな。