mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note- 第1話 雑感 明確に言えるのは劣化した、誰とは言わんが成長というものは時として恐ろしいものだ。

f:id:mouseion:20190707003501j:plainf:id:mouseion:20190707003510j:plainf:id:mouseion:20190707003522j:plainf:id:mouseion:20190707003531j:plainf:id:mouseion:20190707003542j:plainf:id:mouseion:20190707003554j:plainf:id:mouseion:20190707003602j:plainf:id:mouseion:20190707003611j:plainf:id:mouseion:20190707003618j:plainf:id:mouseion:20190707003623j:plainf:id:mouseion:20190707003628j:plainf:id:mouseion:20190707003642j:plainf:id:mouseion:20190707003649j:plainf:id:mouseion:20190707003654j:plainf:id:mouseion:20190707003701j:plainf:id:mouseion:20190707003706j:plainf:id:mouseion:20190707003715j:plainf:id:mouseion:20190707003721j:plainf:id:mouseion:20190707003725j:plainf:id:mouseion:20190707003730j:plainf:id:mouseion:20190707003736j:plainf:id:mouseion:20190707003900j:plainf:id:mouseion:20190707003909j:plainf:id:mouseion:20190707003915j:plainf:id:mouseion:20190707003920j:plain


ウェイバーくん、敗退後の話。でもゼロ世界線ではないらしい。イギリスのなんたらって魔眼持ちの変なおっさんに捕まったウェイバーくんがかつての親友メルビンくんに再会する。奥地でイスカンダルの墓を盗掘する人の集団に出くわしたウェイバーくんは思い出の人の墓を暴かれるのが嫌なので理不尽殺戮を敢行。
紆余曲折あってロード・エルメロイつまりクソダサケイネスおじさんの爵位を継いで今に至るという。あの水瀬がやってる子はどうやらケイネス先生とは関係ないらしく継承権はウェイバーくんに強制的に移された。そうまでして受け継いだのはイスカンダルの赤髪おじさんとの思い出があったから?もう知らんけどエルメロイ教室だっけ?それを確保したいホモの心は読めないのだというような。
どうでもいいけどライネスはロリのままが良かった。

おまけ
f:id:mouseion:20190707003947j:plain

かわいい