mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

盾の勇者の成り上がり 第25話(終) 雑感 やっぱり冤罪を晴らした所までで良かったな。

f:id:mouseion:20190628015517j:plain


完全に尺余りで今回のエピソードになったのかなと思う。
三馬鹿より役に立った樹の仲間?のリーシアたんによりほぼほぼ救われてるので三馬鹿はより立つ瀬がなかったな。
盾の勇者は眷属器の勇者らとの共闘で波の最初の雷魚だけは難なく倒したからそこだけなんだろうけど、ラルクたちは異世界の勇者でやっぱりエターニア時空なんだろうな。どっちかが平和だと対になる異世界では戦争が激化してしまうって奴。だから向こうも必死で四聖勇者をぶっ叩こうと必死だったけど、少なくともグラス以外は当初こそ本気で敵対してたけどグラス介入以降は明らかに力を抑えてる感じでラフタリアたちの攻撃にも防御一辺倒だった気がしなくもない。ホントは殺したくないから最後尚文のことをボウズ!と言ったんだしまあ何というか何というべきか。頭の中はずっとSEEDのあんなに一緒だったのに・・・が流れ続けてる。
リーシアたんを色んな事情から引き取る事になった盾の勇者、もといグルメの勇者尚文の話はもっと広げて欲しいような。何だかんだ介助人としての尚文もだけど料理面でも勇者振りを遺憾なく発揮できるそうなのでその辺掘り下げがあっても良さそうではある。
領主編とかいうのはないと思うけど、とりあえず続編やりたいんだろうなというスタッフの願いが込められてるようなラストだったのは分かった。若干端折ってる気がしなくもない。駆け足で終わったかなという感じ。リゼロ要素もがっつり入ってたし、槍の勇者のやり直しの主人公元康の口癖“ですぞ”や奴隷商が抱えたある奴隷の話もお目見えで二期やれるぜ!と言わんばかりの網羅ぶりだけど、確かこの辺アニメで大分改変してる、書籍版は知らんので何とも言えんけど上手く改変しようとしてるのは分かるだけにこういうラストだと二期が作り辛いような気がする。転スラみたいにまだまだ続くよという終え方じゃないので解釈によっては俺たたENDもちょっと苦しかった。

半年に渡る盾の勇者の成り上がりは、尚文が強姦の冤罪を被ってやさぐれてから数々の出会いと三馬鹿や女王ら協力者、ラルクたちライバルとの戦いを経た所から始まるぞという暗にこれは序章であった事を匂わせてた感があるのでどうにもラルクたちとの戦争を決してのちラフタリアの故郷を再建するまでの話は完全な番外編だったと言えなくない程に盾の勇者の冤罪を晴らす所に重きを置き過ぎて冤罪を晴らして王都の人たちから見送られる形のラストでこの物語は一応完結出来てるので何かもうこれ蛇足という他なかったね。
なまじ作画はずっと良かったし演出や音楽(ED主題歌含む)も良かったから飽きずに見て来られたけど、シナリオ上仕方ないとはいえ、転スラの2クール目と同じく若干駆け足気味だったのは残念だったなと。番外編的に数話差し込んでも良かったのではと思うのは自分だけかな。でも綺麗に締め括ったと思う。二期は別にどっちでも良い。あれば・・・かな。



総合評価としては87点。やっぱり物語序盤の理不尽嫌がらせタイムは何度も見たい内容ではないので。不条理の世の中を人を信頼して生きていく辛さは現実にも通じるものがあるので何となく共感してたきらいもあった。ただ、やっぱりなろうの転生・転移というと俺TUEEEとチーレム無双するのが主なので嫌がらせのような理不尽を受け続ける人を見続けるには、題材としては正直しんどかった。ただラフたぬきは本作最大の見どころといって良いほどキャラクターが濃かったので文句は特にない。まあ一言で言えば、面白かった。終わり。

関係ないけど最終回なのに納豆ネヴァ~ジャスコになう!ナハナハナハナハ!や花子がバク転!でお馴染みスルメOP流して欲しかったよなぁ・・・。