mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

金曜8時のドラマ「執事 西園寺の名推理2」第5話 雑感 やっすいシナリオが続いた後に本格ミステリーとは不意打ちだ。

西園寺一(上川隆也)は資産家の奥様・伊集院百合子(吉行和子)に仕えるパーフェクトな執事。
ある日、二人は悪天候の中、山奥の別荘で行われる雫石幸造(山本龍二)と三日月弥生(黒川芽以)の婚約披露パーティーに参加。しかし、幸造が密室で殺害され、弥生が疑われてしまう。
嵐で外部と連絡ができない中、西園寺が驚きの通信手段を駆使し、真相を解明する!

三日月弥生…黒川芽以 沢渡昇一…堀部圭亮 雫石幸造…山本龍二 藤倉健介…村杉蝉之介 田村陽平…八十田勇一 町村雪乃…山田キヌヲ 三日月正隆…長谷川公彦
雫石幸太郎…猪塚健太 小川…別紙慶一 山村…桑村大和


いわゆるクローズドサークルモノ。
犯行は窓を使われた。弥生の部屋から縦に撃たれたと。クロスボウを構えてホワイトナイトと叫んでバン。ホワイトナイトは雫石幸造の詐欺師時代の悪名だったそうな。幸造の悲鳴が上がった時には既に殺害されていた。それは録音されたものだった。停電時点で生存していたのなら明かりを灯そうとしたはず。となれば部屋が真っ暗だったのは既に殺されたという状況証明。
犯人は現場到着後すぐ鍵が開いていた窓の近くにいた人物、つまり沢渡だった。まあ堀部しかいないよな。小川が目撃した幸造は沢渡の演技。花瓶がなければ西園寺も気が付かなかった。沢渡の衣服に付いたユリの花粉は弥生の部屋しかない事を示してた。
実は三日月正隆氏に命を救われた、その恩人の為に彼の仕事を手伝っていたが、彼は精力漲る人物で自殺するような人じゃないと睨んでいた。彼の死の真相を探るべく雫石家に執事として仕えていたが、幸造氏の尻尾を掴んだが彼が三日月家とその令嬢弥生さんを助けようとしていたのに(生前の正隆氏との約束を守るために)それを潰そうとした、そして幸造氏が三日月家の乗っ取りを図るために弥生さんを利用しようとしたので断罪に処した。
彼女にユリの花(正隆氏と弥生さんと沢渡を結びつける思い出の品)を贈り続けていたのは沢渡だった。
丸山刑事が西園寺にとって優秀な頼れる警察官が彼しかいないと言われて満更でもなさそうで草。完全に豚も煽てりゃ木に登るんだな。
次回はやっと観月ありさの登場か。どうせあと2,3話だろうからのんびりやっていいよ。