mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

火曜ドラマ「わたし、定時で帰ります。」 第6話 雑感 中丸雄一へったくそ過ぎるわ。めっちゃ台詞棒読みで特に今回のクライマックスは向井理に対抗する場面なのに力不足が否めなかった。

吉高由里子主演!ワーカホリック男の“独立問題"で社内は大困惑!嵐の予感…
共に働く仲間の存在とは…?そして恋の三角関係が加速し、物語は思わぬ方向に進み始める…?!

吉高由里子 向井理 中丸雄一 柄本時生 泉澤祐希 シシド・カフカ / 江口のりこ 
梶原善 酒井敏也 / 内田有紀 ユースケ・サンタマリア

来栖君がディレクターになりたいと直訴して独立の気風のある種田が認めた模様。こいつ新人じゃなかったっけ。
種田は昔の同僚ベイシック・オンの大貫と独立するのかな?という噂が出てる。
来栖君はディレクターとして初めてなので大した事が言えず種田たちにフォローされてばっかだな。口出される間はまだ指導してくれてる。ほっといてくれは贅沢過ぎるわ。
一方福永は独立の話を聞いてくれぐれも気を付けろと釘刺してたけど何かありそうだな。
以前から万能で天才で上司風を吹かせてた種田晃太郎、ついに部下の来栖、そして弟の柊君にキレられるという。でも視聴者視点から見ればぶっ倒れるまで働いていつも死ぬ覚悟で臨んでる種田に対して悪く言えばゆとり世代のような姿勢で臨む自分本位な来栖の方を叱咤したくなるよな。それを結衣と賤ヶ岳先輩で優しくフォローするのを何度も見ていくと、そして来栖が逆ギレして種田を事も無げに机バンバンして怒るのを見ると上司の方が鬱になるだろ。
結衣曰く上から目線で物を言うから取っ付き難いと感じて萎縮してしまうんだとか。
気負うなよと慰めてやるのもフォローだな。もしこれが恋愛ドラマならセックスする流れなんだけど、生憎この作品既にお別れしてるんだよね、この二人は。弱味見せちゃいなよ。
で翌日は来栖君と仲直り。
独立は辞めました。制作4部放っておけないは半分嘘だろ、半分は結衣のためだろ。
上海飯店に婚約者諏訪巧を紹介。ついに結婚か。そんなところへ種田さんががががが。種田スキスキビームを放って巧君に先制攻撃。あれ、原作にあったかな?中丸雄一が下手過ぎて良い場面なのに大爆笑してしまった。もう酷い演技。前からちょっと気になってたけど、こいつジャニ系なんだってね。そら下手なはずだわ。こんなん出すんならまだ山崎賢人とかの方がマシだわ。何か下手な奴いるなと思ったんだよな。今回で確信した、中丸降りろ。

次回、星印さんという企業に対して赤字覚悟で頑張ると福永。なんかこれ伏線臭いな。