mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

科捜研の女 season19 第4話 雑感 猫が原因でなくて良かった。

著名な絵本作家・早乙女由子(室井滋)が、何者かに頭部を殴られて殺害された。由子は心臓に持病があり、2カ月前から入院していたが、事件当日は昼から一時帰宅していたようだ。臨場した榊マリコ沢口靖子)らは、部屋にうずくまっていた由子の愛猫“ももちゃん”を発見。殺害現場を見ていたであろう、ももちゃんに付着していた微物を調べてみることに…。
その矢先、意外な事実が浮上する。駆けつけた弁護士によると、由子は余命宣告を受けたのを機に、全財産8億円をももちゃんに相続するという遺言を残していたというのだ。それは“負担付死因贈与” という贈与契約で、由子は“ももちゃんの世話をする”という条件付きでペットシッターの稲葉剛(笠松将)に遺産をすべて譲る契約を交わしていたらしい。
ところが、8億円もの財産を譲り受ける剛はなんとも冴えない風貌の、どこか胡散臭い男だった…。土門刑事(内藤剛志)は、この贈与契約がなければ遺産が渡るはずだった、由子の弟・修一郎(谷口高史)、妹・英恵(川俣しのぶ)に事情を聴くが…!?
ゲスト:室井 滋、笠松 将、諏訪太朗、小久保丈二、川俣しのぶ、谷口高史

飼い猫のももちゃん、8億円の遺産を受け継いだが実は替え玉だった?
元夫滝俊介の家で飼われてたみかんちゃんだった。
ですり替えたのは猫のペットシッターだった。どうやらももちゃん妊娠してたらしく急遽すり替える事になったそう。
由子を殺した犯人は絵本の編集者水野だった。バクにはモデルがいた。実はペットシッターの稲葉剛こそがそのバクのモデルだった(少年時代)。遺産を彼に譲ろうとしたが、負担付なんとかという方法で遺産相続を行おうとさせたのは水野だったが、事件の前日やはりバクのモデルの正体を明らかにしようとしてたので殺害を決意。アホか。
稲葉さんは結局起訴猶予になった。諸々の事情から情状酌量の余地ありと見做されたんだろうかね。でも、遺産は受け取れなかった。約束破ったもんな、しゃーない。でもももはこのまま彼が飼う事になった。亡き先生との約束だから。