mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

科捜研の女 season19 第3話 雑感 いっそケーキじゃなくて毒まんじゅうにすれば良かったな。

科捜研の元物理担当研究員で現在、カナダの“科学捜査センター”で働く相馬涼(長田成哉)から突然、京都に行くから科捜研に立ち寄る、という連絡が入った。ところが、相馬が顔を出す予定の日、射殺死体が発見され、榊マリコ沢口靖子)たちは慌ただしく現場へ向かうことに…。被害者は、カナダ・トロントにある大学の物理学研究所研究員・遠藤元也(小堀正博)で、彼は正午にカナダから大阪の空港に到着、どこか別の場所で撃たれた後、京都で遺棄されたものと思われた。
忙しく鑑定を進める科捜研に現れた相馬は、なんと殺された遠藤は友人だと告白。相馬は彼より1日遅れで京都入りし、一緒に京都をまわる約束をしていたと明かす。だが実は、遠藤が論文ねつ造疑惑を科学雑誌に報じられていた事実が判明。それを指摘された相馬は「遠藤はねつ造なんかする研究者じゃない」と反発し、「科学者なのに、証拠のないことを言うんだね」と空気を読まずに発言した後任・橋口呂太(渡部秀)に激高してつかみかかる。
そんな中、遠藤が大阪の心理療法士・越田由美子(堀内敬子)によるオンラインカウンセリングを受けていたことがわかる。由美子に事情を聴いた土門刑事(内藤剛志)は、彼女が何か重大なことを隠していると直感するが…!?
ゲスト:長田成哉堀内敬子セイン・カミュ

殺された遠藤をトロントの教授アランさんが監視していた。相馬は直前遠藤と連絡を取ってた可能性。
犯人はキンキ国際空港の税関検査官井上、ヒューマンストックの株を購入してたけどアイドルの結婚がバレ下落、次は堅実な学者に投資したら捏造が発覚して暴落。それで殺意を感じて殺害。電話口でちょっとしたトラブルが・・・という遠藤の言葉が状況証拠になった。大阪で殺したのをバレるのを恐れて京都に死体を移した。
しかしカウンセリングの由美子先生はどうも殺人を誘導したっぽい。ちょっと気になるね。ラスボス感ある。
後日談として、相馬さんが持ってきた遠藤さんが彼に喰わせようとした抹茶のロールケーキを呂太に全部喰われたけど実は過去にも相馬さんが早月さんが持ってきたのを一人で食べ切った事を挙げて窘めたのは面白かったな。