mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

ドラマBiz「スパイラル~町工場の奇跡~」 第1話 雑感 また1週間がもどかしくなる企業ドラマが始まってしまったか。

4/15 (月) 22:00 ~ 22:54 (54分)

玉木宏主演!260万部突破の「ハゲタカ」シリーズスピンオフ作品を連続ドラマ化。
諦めなければ終わりはないー1人の企業再生家が倒産危機の町工場を救うヒューマンドラマ!

芝野健夫…玉木宏 藤村浅子…貫地谷しほり 藤村望…戸塚純貴 正木奈津美…野波麻帆
田丸学…前原滉 隅田穣治…渡辺邦斗 岩崎あけみ…水沢エレナ 原口慎太郎…長谷川純
小笠原純…島丈明 安堂香寿子…瀬奈じゅん

正木希実…宝辺花帆美 桑島孝幸…遠山俊也 堀保徳…小野武彦 藤村登喜男…平泉成
村尾浩一…眞島秀和 ナオミ・トミナガ…真矢ミキ 桶本修…國村隼

原作はあの名作企業小説ハゲタカのW主人公の一人だった芝野健夫が主役のスピンオフ。
受験に3度失敗して音楽に逃げていた望君を説得して髪を黒く染めて心機一転、マジテックの藤村博士に恩義を持つ芝野が経営再建をする約束でマジテックのたった一人しかいない営業部の営業主任に就任。今まで逃げ続けてたけどコンビニ店員としては真摯に取り組んでいたし姉浅子からも実は出来る奴なんだと、亡き父親が口にしてた事などから再起を掛けた、というありがちだけど王道な展開で面白くなりそうだった。
一方芝野の銀行時代にクビを切った村尾が芝野に復讐すべくキャピタルホライズンのナオミ・トミナガに接触して勝手に売却計画を推し進めた。実はかつて芝野が上からの指示で常務案件だった2億円の横領問題に村尾が関わっていて常務の足切りで責任を押し付けられてたみたいだけど、その時の人事担当が芝野で芝野自身が責任を負わされるような、逆恨みされるような立ち位置だったみたい。その時に例えば彼の再雇用先を斡旋しとけば感謝こそすれ恨む事は無かったんでないかなとか思えてしまう。常務案件だから紛れもなく上からの指示でその時都内に30坪の新婚用の新宅を作ったばかりだったのでその債権を一人仕事もなくやらされるって事を今度は村尾が徹底的に芝野潰しのためにマジテックの持つ大量の特許を勝手に売りとばす計画をしてるみたいだな。
このキャピタルホライズンはおそらく原作のハゲタカ、綾野剛が演じてた役は仮に買収しても買収した土地とか経営権は基本的に元の経営者に委ねるんだけど、普通一般でいうハゲタカファンドというのは一度買収して即座に他の外資に価格を上げて売りとばす。実在企業ではシャープがこれでホンハイに取られた後、他社に売却されたのだった、かな。東芝もその煽りを受けたと聞く。ともかく従業員をリストラしまくるとか、有能な社員を引き抜きまくって残った奴を倒産させるとか結構えぐい事をやってる、人たちをモデルにしてるのかなと。真矢みき演じるナオミ・トミナガは何となく大塚久美子って大塚家具の美人社長に近い雰囲気があるけど、彼女と違って女性キャリアのトップモデルという所で出してるのかなと。
いずれにせよ、この勝手な買収計画をどうにかしない事にはマジテックが生き残る道はないだろうな。曙電機というのは恐らくかつて鷲津が救った大会社かなと。そのCROだった芝野。人事の取締役の事を平たくCROというけど、芝野といえば、かつて木曜ドラマのハゲタカで渡部篤郎が演じた冴えないおっさん企業再生コンサルタントだったと記憶。それを今度は玉木宏主演でやるっていう事なんだろう。スピンオフだからね。なるほどそう考えれば少し整合性というか共通点が見えてきてちょっと楽しみになってきたかな。
でもまあ一番は最も敵役に相応しい桶本さんこと國村隼が今回味方という心強さよ。裏切ったり死んだりしないでね。