mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

デート・ア・ライブIII 第9話 雑感 ついにあのロングverの折紙さんが現れるのか。早く次回にならないかな。

f:id:mouseion:20190309013603j:plainf:id:mouseion:20190309013608j:plainf:id:mouseion:20190309013612j:plainf:id:mouseion:20190309013616j:plain
f:id:mouseion:20190308230906j:plainf:id:mouseion:20190309013624j:plainf:id:mouseion:20190309013629j:plainf:id:mouseion:20190309013634j:plainf:id:mouseion:20190309013639j:plainf:id:mouseion:20190309013644j:plain

無限ループから脱するには狂三の力を借りて再びそうならない未来を創る、過去を塗り替えるほかないよな。
折紙さんが執拗に士道に執着してたのはあの悲劇の日に折紙が死にかけたときに助けて叱咤激励してくれたからなんだな。
タイムリープの力、ザフキエルには時間的制約という限界があるので、じゃあその時代にもいるであろうロリ狂三さんに助けてもらおうぜとお姉さん案。しかしロリのはずなのに巨乳だな。しかも今の狂三よりもさらにえっちじゃんか。ちゃんと5年前の方が身長低いんだよね。なのにおっぱいはデカい。そして中二病。うん、狂三だわ。
で今回はザフキエルの重ね掛けで5年前の更に数十分前?転移した士道がファントムと実は知り合いだったという事実に驚くと共にしかしそれでも協力を得られず最後の手段、折紙の両親を助けて自身は精霊化した折紙さんに消し炭にされる話。しかし、なぜか生きてるという。主人公補正っぽいけど、もしかしたら寸でのところで狂三の能力で食い止められたかな。で折紙さんが両親生存のまま新しい生活がスタートする、そんな日常にワープしたってところかな。


おまけ
f:id:mouseion:20150824023638j:plain