mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

エガオノダイカ 第9話 雑感 先人が散布したナノマシンによって生かされてた人類がそれを壊すクラルスを量産したら星がぶっ壊れるみたいね。

f:id:mouseion:20190302001742j:plainf:id:mouseion:20190302001746j:plainf:id:mouseion:20190302001750j:plainf:id:mouseion:20190302001756j:plainf:id:mouseion:20190302001801j:plainf:id:mouseion:20190302001804j:plainf:id:mouseion:20190302001810j:plainf:id:mouseion:20190302001815j:plainf:id:mouseion:20190302001819j:plainf:id:mouseion:20190302001823j:plainf:id:mouseion:20190302001829j:plainf:id:mouseion:20190302001833j:plainf:id:mouseion:20190302001838j:plain

無能姫さま、いつになったらそのお花畑なガイジ思想を改めて覚醒するんやろなぁ。
イザナが死んだ事でハロルドもついに反逆やで。これは無能姫さまが招いた事だからしゃーないわ。見せかけの偽善やめろって思ってたからさっさと帝国ぶっ殺していけよ。
ともかく何、ベルデ皇国だっけ。レイラ曰くその国が新型クラルスの開発に伴って環境破壊が一層進行して結果作物が育たなくなる土壌に変貌していった、だから予め王国帝国両陣営に布令を出したけど両陣営共に国王の知らないところで握り潰されて結果ベルデ皇国が滅んで残党がユウキちゃんの両親含む大虐殺テロに発展したと。だから新型クラルスを運用すべきでないと。そこまで聞いても民間人を意味もなく虐殺する帝国側に大人しく蹂躙されとけの平和主義なユウキちゃんの心は誰にも理解されんし、理解したくないだろ。目の前で自分の家族が殺されるのを指を咥えて待ってろつう奴が王国の姫様なら猶更ね。
で今回は新型クラルスの量産を一旦でも辞めてでもイザナの資料から打開策を見出したレイラの策によって帝国のロボットすべてを無効化できる装置の開発に成功?する話、みたいね。とはいえ、その装置は不完全で確かに帝国のロボは全部無力化できるけど王国も無力化されるというシロモノ。
で、結局ハロルドがかつて他の仲間や同僚、上官がやったように殿をやってユウキを逃がすと。どんどん周囲から人がいなくなってるな。早く覚醒しろって。
最期にハロルドやっつけたのって誰だったんかな。ステラか隊長のどっちかだよな。そろそろ帝国サイドも進めてくれよ。王国は起死回生とか全くなくてひたすら不快でしかないんだしさ。
ハロルドが死んでやっと覚醒した?ユウキちゃんも今更遅いよな。