mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS 第92話 雑感 里のいざこざを収めてくれたお礼に下忍剥奪されたボルトたちをスカウトする黒ツチ姐さん、いい人だな。


一時的にとはいえ、里抜けしたのは事実だし下忍資格のはく奪はしゃーなしだな。
ボルトとサラダちゃんは正しい事をしたけど、里抜けは重大犯罪だからね。サスケェがそうだったからね。内心では二人とも誉めてやりたい気持ちを、シカマルら他の忍らの手前、心を鬼にして接した七代目火影ナルトパパの気持ちが辛そうだってばよ。
一方ミツキはせめて木ノ葉丸先生にだけは伝えとくべきだったよな。内偵と里の為だけが理由じゃないのは伏線あったものな。
更にミツキの件でそれまで契約してたガラガさんとも契約を終了する事に、何だかんだでコイツ強かったのに残念だな。
今まで通りでない、今まで以上に固い絆で結ばれた♂ボルトとミツキ、そしてサラダのスリーマンセル。なお三人共下忍資格はく奪されてる模様。
やっぱり反抗期、または思春期で片付けられたけどやっぱりな。
しかし、ドクターやっぱり裏があったんだな。これも伏線だな、死体見つからんかったという事は黒幕いるよな。
冒頭で黒ツチが七代目たちとやりとりしてたけど、手打ちにしたんだな。オオノキは老衰って事になってるけど、反乱の首謀者とは思わんよな。
黒ツチは今回の件で木ノ葉の下忍資格をはく奪されたボルトたちを岩隠れの忍としてスカウト。釘刺されたとか言ってたけど要するに木ノ葉にこのままはく奪状態でいさせるなら遠慮なく貰って行くよって事だから、黒ツチなりの感謝だよな。これで有能な忍を流出させずに済む大義名分にはなるからね。三人ともすぐに許されるんだろうな。ナルトとしては父親として以上に火影として厳しく処分しないと駄目だったからこれで何とかなると思う。良かったな。シカマルや木ノ葉丸が安堵したのはこのままじゃ絶対ダメだと思ったからだし、渡りに舟というかボルトも内心ホッとしてるかもね。その為に“わざわざ”訪ねてくれたんだろうしね。マジ姐さんイケメンだわ。一生ついて行きます!


次回は何となくまたナルトが手抜きしてヒマワリ泣かせてボルトが憤るパターンではないだろうか。既視感が蘇ってくる。これはアカン、フラグしか立ってない。