mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

そこまで言って委員会NP 2019年2月3日放送 雑感 中国人民にとっての名宰相でもチベット・ウイグル人からすれば恐怖の独裁者としか思われてないでしょ。

暴走&無責任行動で世界を振り回す米露中韓リーダーたちの“クレージー
"を専門家が判定!!ナンバー1に輝くのは・・・▽舛添元大臣を直撃!!「厚労省不正統計」の闇

出演者
司会  辛坊治郎 渡辺真理
パネリスト  舛添要一 長谷川幸洋 宮家邦彦  須田慎一郎
         張景子 村田晃嗣 竹田恒泰 山口真由
ゲスト  古森義久(産経新聞ワシントン駐在客員特派員) 石平(評論家)
      高英起(「デイリーNKジャパン」編集長) 小泉悠(軍事アナリスト)

トランプや習近平プーチン、ムンジェインの中で誰がクソかと出てたけど、習近平がクレイジー1グランプリを受賞したのは笑える。
安倍総理は除外されてたけど、多分5人の中から選べだったら確実に1位取ってたからあえて外したんだろうね。読売新聞は忖度第一だからね、仕方ないね。実際番組でも議論でも安倍総理をこれでもかと褒めちぎっててなるほどこれは貶したいけど圧力掛かるから頭悪くて素行悪い奴ほど絶賛しとけば角は立たないぞ理論を実践してるなと思わせるには十分な内容だった。
今回張景子さんが凄い習近平推しのプロパガンダを出してくる、まあいつもの流れに終始したけどこの人の言い分は中々面白いのよ。例えば年金額が増えて1億人強の人がその恩恵に与って皆習政権を支持してるんだって話が出てたけど石平・高英起・古森らゲスト陣に加えてパネリスト達も異議を唱えて噴出してしまうほど、偏ってるんよね。
チベットウイグル族を虐殺しまくってるから人民にとっては救国の英雄でも他国や隣国からすれば独裁者と見做されても仕方ない。
現に日本だって外国人技能実習制度で東南アジアを始めとする海外メディアから大バッシングを受けてるし、日テレ系列の世界の果てまでイッテQでラオスとタイを馬鹿にしたやらせ番組を作って大顰蹙を得て、それらを全く抑えるどころかむしろ助長してる安倍総理に日本の隣国一同がキレまくってて独裁者だナチスだと叫ばれてる訳で、そいつが中国の習政権にぐちぐちいうのは完全なおまいうである。
ただ、かろうじて習近平と異なる少数民族を享楽で虐殺してないからまだマシというだけなのよね。
とまあ安倍ぴょん批判はそこまでにしといて、張さんにとっては習近平を絶賛しとけば一族に多額の報奨金が舞い込むというので今回も無駄に褒めちぎっててそれはもう滑稽だったね。こういうビジネス右翼っていうんだろうかね。ビジネス右翼もプロパガンダから収入を得ている似非右翼の連中で下手をすれば国賊の類なんだけど、張景子さんは信念に基いて習政権を支持してるのでそれには当たらないかもしれない。いや僕はそう思う事にしますよ。目が創価学会とか日本会議とか進研ゼミの漫画の主人公みたいにキラキラしてて宗教やべえなと思うほどなので。