mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

金曜8時のドラマ 記憶捜査 新宿東署事件ファイル 第3話 雑感 まあ、終わり良ければ全て良しって事かな。

出演者
鬼塚一路…北大路欣也 神啓太郎…風間俊介 遠山咲…上白石萌音 山崎清内田朝陽 本多太一…松本大志 栗田史郎…石黒賢 木地本淳子…余貴美子
ゲスト:小河原彩…菊池麻衣子 武藤啓二…徳井優 藤野詩音 笠松将


落ちた所に交番があると言っていたスナック隣りにある居酒屋の女将が犯人。川村絵美に対して復讐依頼をした。しかし川村が花園神社でなく須磨神社に最近代用として通い始めた事からボロが出たみたい。犯人しか知り得ない情報を口走ったのが運のツキだった。
復讐の動機は毎晩ガラの悪い客層の影響で自分の居酒屋がダメージを受けて最後は母親の代からの看板を壊された事から殺意が芽生えた模様。普通に川村絵美を訴えていれば勝てたと思うけど、裁判より楽に人を不幸に出来る復讐サイトを使った方が良いと判断したのはそれはそれでアレだ。
なお、最初に詐欺の共犯などで捕まった小河原彩は夫が勤める会社が働き方改革の一環で残業が認められなくなって娘の塾の費用が払えず先月から始めたアルバイトはその費用を稼ぐ事と気難しい夫のプライドを守る為だったみたいで、凍結された口座が一時開放された事で何とかなったな。詐欺は知らなかったからアルバイト代は返す必要がなくて、あとそれが家族を助けるものだったので情状酌量が認められて不起訴処分に。結果離婚危機は回避されて、よく話し合って今後をやり直しましょうって事で手打ちになったのは良かったな。
次回は突然血まみれカッターナイフで暴れ出したベトナム人青年の話。多分外国人技能実習制度関係かな。