mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

月曜名作劇場「内田康夫サスペンス 新・浅見光彦シリーズ5」 2019年1月7日放送 雑感 浅見光彦の正体バレと刑事たちのいつもの茶番劇が始まるのに1時間以上掛かったのは非常に珍しい。

平岡祐太主演の新・浅見光彦シリーズ第5弾!
豪華キャストで贈る新春3時間スペシャ
川端康成の「伊豆の踊子」の旅をモチーフに
天城峠で巻き起こる難事件
親子の深い愛が生んだ悲劇の連鎖に光彦が挑む!!
旅と歴史のルポライター浅見光彦が、取材で訪れた全国各地の名所旧跡で様々な事件に巻き込まれながらも、持ち前の正義感と名推理で難事件を解決する、ベストセラー作家・内田康夫の大ヒットシリーズを平岡祐太の主演でお送りする第5弾。2019年最初の放送となる月曜名作劇場の新春3時間スペシャルだ。

今回の舞台は、川端康成の小説「伊豆の踊子」の舞台となった静岡県伊豆。今もなお旅人を誘う天城峠や浄蓮の滝、“伊豆の小京都”と呼ばれ、空海によって開かれたという修善寺など、多くの名所が残る由緒ある場所だ。訪れる人々に安らぎを与える、のどかな場所で巻き起こる殺人事件。夫婦、親子、そして家族を思う深い愛情が生んだ悲劇の連鎖に隠された真実とは何なのか?

キャスト
浅見光彦平岡祐太 笠原清美:市毛良枝 小林朝美:谷村美月 小林章夫堀内正美 保田友久:尾美としのり 保田香菜:鈴木梨央 武上慶子:音無美紀子 武上清作:金田明夫 浅見陽一郎:石丸幹二 浅見雪江:竹下景子

犯人は武上旅館の主人清作、ではなくその妻慶子だった。しかし死体遺棄と偽装工作は清作による。小林さんを殺害した動機は彼らの子供が務めた会社をリストラされた時最も信頼を置いていた上司が小林さんで小林さんも会社命令の為に致し方なくリストラを敢行せざるを得ない立場にあって首切りを断行した。その結果息子さんは自殺を図るなど躁鬱を発症。それを逆恨みしていた妻慶子は、20年後たまたま武上旅館を訪れた小林親子に対して事故に見せかけて殺害した。しかし当初は夫清作が犯行を認めた事で分かり辛い展開になった。完全な逆恨みとはいえ、小林さんも実は奥さんの清美さんと別れる原因となったのがそのリストラで20年間ずっと贖罪を求めてたのは間違いなかった。だけど娘もいたから死にきれずという感じかな。朝美さんは長年自分を捨てた母親を恨んでいたけど、真相が明らかになって実は捨てられたのは母親の方で朝美さんがトドメを刺した、突き放したのだとか。武上旅館の奥さんの方は意識が回復したのでいずれ事情聴取という形になるけど、多分朝美さんもあまり強く求めないだろうから怨恨部分を含んで情状酌量の余地があって初犯なのと精神疾患持ってる感じだから最悪無罪まで行くかは分からないけどかなり減刑されるのでは。夫の方がむしろちょっと長い事入る事になるんじゃないかな。偽装工作までしてたから。
幼い頃に食べた?母の味筑前煮に対して光彦が良い助言をしてくれたのでわだかまりもそれほどなく、父親が死んで空いた部屋に母親を呼んで共に住む事を提案する流れがありきたりかもだけど、正直うるっときた。今回これ俳優陣が上手かったな。平岡くんいるか?とまで。まあいるか。