mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

新春ドラマ特別編「下町ロケット」 2019年1月2日放送 雑感 終わり良ければ全て良しって感じで無理矢理ハッピーエンドにされた感ある。

【新春2時間15分SP】日本のモノづくりは自然の猛威に勝てるか…
下町プライドで挑む!最後に笑うのは誰だ!?全編撮り下ろしの佃たちの新たな物語がここに!

出演者
阿部寛、土屋太鳳、竹内涼真安田顕徳重聡和田聰宏今野浩喜中本賢
谷田歩、馬場徹立石涼子朝倉あき宮尾俊太郎山田悠介松川尚瑠輝
菅谷哲也菅野莉央、原アンナ◇イモトアヤコ、真矢ミキ、森崎博之福澤朗
品川徹、岡田浩暉、高橋努、古川雄大モロ師岡

古舘伊知郎甲本雅裕
木下ほうか、工藤夕貴山本學倍賞美津子尾上菊之助立川談春神田正輝、吉川晃司、杉良太郎

総合評価:85点
特許が原因でダイダロスダーウィン計画は的場にトドメを刺したものの、無事死亡。伊丹と重田は当初こそ図々しくライセンス契約を佃に要請してたけど、素気無く断られて、いよいよ自分たちも的場と同じ運命に落ちた。そこへ来てダーウィンによって農作物が大ダメージを受ける事になる大型台風の直撃。しかし佃や財前、殿村らの活躍もあってあれだけ苛め抜いて来たライバル農家もついに折れる。つまりランドクロウへの乗り換えフラグ。
財前道生のヤタガラスの精神への問いかけが藤間社長をも動かして佃の特許をダイダロスに供与する事を取り付ける、これホント格好良いシーンだったな。スターダスト計画をより確実なものとする為に必要な措置だったのは分かる。何せキャラバンとか地図データのアレは衛星がいるものな。
伊丹社長はあれほど佃を裏切って来たのに最後は改心したな。それは物凄い挫折があったから。佃の説教が効いて重田社長も改心。復讐心に囚われていたのが嘘みたいに今は晴れやかだな。
下町の中小企業連合に責め立てられてそして何も出来なかった時にようやく自分の間違いに気付かされた感があるな。佃は同じ下町の技術者としてライバル会社の人達に救いの手をやらなきゃという想いと同時に農家を救う事が使命と思ってた節があるとかで結局ダイダロスに利益供与という造反行為を、まあ財前藤間の後押しもあったが、ついにやらかしたのは凄かったな。結果論ではあるけど、帝国重工は会長と的場を潰して膿を取り除く事が出来たばかりか、ヤタガラスは無事成功するしそこから転じてスターダスト計画も成功を収めた。内堀は埋めるにはまず外堀を埋める事が大事だというけど、ヤタガラスは壮大なスターダスト計画の一端を担う重要プロジェクトだったのよな。
佃製作所のこれからは明るい。流石にもう続編はないと思うけど、あれば。あってもどうという事はない。今度は太鳳ちゃんで一本何か作ってはどうか。
それか軽ちゃん島ちゃんで一本作っても良さげ。スピンオフ作るならちゃんと池井戸先生を通してお願いします。