mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

日曜劇場「下町ロケット」第6話 雑感 吉川と神田の老け方の対比が中々良かったな。

衝撃の新シリーズに突入!佃が無人農業トラクターに挑戦!新たな敵が続々出現!裏切り、嫉妬、復讐が渦巻く…巨大企業・帝国重工の最大の敵が動く…大波乱の連続!

番組内容
衝撃の新シリーズ・ヤタガラス編に突入!重田(古舘伊知郎)の策略による伊丹(尾上菊之助)の裏切りに我を失う佃航平(阿部寛)。財前(吉川晃司)と共に無人農業トラクターという新たな夢を目指すが、
帝国重工の的場(神田正輝)がついに直接動き出し、佃の前に立ちはだかる!佃の同級生、野木教授(森崎博之)の力を借りようとするが、野木には絶対に企業とは組まない理由があった。佃は夢を実現出来るのか?波乱の第6話!

出演者
阿部寛、土屋太鳳、竹内涼真安田顕徳重聡和田聰宏今野浩喜中本賢、谷田歩、馬場徹立石涼子朝倉あき山田悠介松川尚瑠輝菅谷哲也菅野莉央、原アンナ、ぼくもとさきこ・イモトアヤコ、森崎博之
甲本雅裕モロ師岡福澤朗、岡田浩暉、高橋努、古川雄大、丸一太・古舘伊知郎工藤夕貴山本學尾上菊之助立川談春神田正輝、吉川晃司、杉良太郎

今回から副題がヤタガラスへ。ヤタガラス編開始。かつての盟友野木がキーシンに騙されて特許をそのまま盗用された経験からそういった企業を許せない気持ちでいたら実は伊丹が佃を一方的に裏切った先、重田社長の会社にそのキーシンが協力企業だと明らかに。一方的にケチを付けて使えそうな特許を無理矢理強奪されるフラグが既にひしひしと感じる。元帝国重工の財前さんの雄姿を見て佃と夢を語り合い、ついに野木と提携する事になった。
ヤマタニと提携を切った佃だったけどどうも向こうが切りたがってたみたい。その後なんか急に場面が変わって的場が新事業を仕切り出した。一方的にやられるだけと思いきや佃が覚醒していつもの流れ。一方的場がそのプロジェクトの総責任者になった事で重田が本気を出すみたい。何かこの辺急にダイジェスト感増えたけど尺が少ないのかな。まあテンポ早めるのは嫌いじゃない。的場がかつて伊丹社長を出る杭だからと一方的に切り捨てたのと同じように今度は刃向ってきた佃製作所を切りにかかってきたという話だった。別に良いんだけど、財前さんと佃を切るって事は帝国重工では全く実現のメドすら立たなかった自社製造(内製化)で死亡確率高まったよな。
次回はそれで帝国重工が沈む話かな。まあ楽しみだね。