mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

転生したらスライムだった件 第7話 雑感 なろう発なのに中途半端に丁寧にやろうとし過ぎてテンポ悪くてもどかしい。

f:id:mouseion:20181114041033j:plainf:id:mouseion:20181114041039j:plainf:id:mouseion:20181114041043j:plainf:id:mouseion:20181114041434j:plainf:id:mouseion:20181114041440j:plainf:id:mouseion:20181114041445j:plainf:id:mouseion:20181114041449j:plainf:id:mouseion:20181114041651j:plainf:id:mouseion:20181114041703j:plainf:id:mouseion:20181114041940g:plainf:id:mouseion:20181114042342j:plainf:id:mouseion:20181114042400j:plainf:id:mouseion:20181114042402j:plainf:id:mouseion:20181114042417j:plain


米澤優の一人原画回。やっぱアレだな、ゲゲゲとかプリキュアの一人原画と違って一人でも何とかなる感じだなと。烈火の炎のパクリみたいなワンシーンが割と好き。あとシズさんが壊れた時のマンスジ(このカットは幽遊白書の仙水と対戦中の幽助に雷禅が介入してくるワンシーンに酷似)とかランガがイフリート相手に周囲を走ってるカットとか良かった。でも勝手にシズさんの仮面を割るなよ。後でリムルのトレードマークになるっていうのにな。
まあ今回の問題では一人原画では全く無くて、単にテンポが悪かったというただ一点に尽きると思う。原作の余計な話を付ける、例えばシズさんが誤って友達になった子や名付けた犬を焼き殺した事、これはレオンだっけ魔王をやっつける話までやるの?こんなに悠長にやってるのに?
なろう発アニメなのだから丁寧にやらなくて、むしろ高橋ナツコ(スマホ太郎やスルト太郎)みたいに雑な繋ぎ合わせでもテンポが良ければ面白いのにふでやすは何故丁寧にやろうとするのか疑問しか沸かない。多分監督意向なんだろうけど、丁寧にやるんなら村づくりのトコとか外交交渉とかそういうシムシティやノブヤボにある箱庭ゲー的な要素をふんだんにやって欲しかったな。戦闘や解説に終始してそれがテンポ悪に繋がってるんだと思う。確かに作画は良かった。演出も悪くなかったし、コンテの見せ方も良かった。でもこれはそういう作品じゃないからね。見せ方云々よりもサクサク物語が進んで行くのが不快感なくて楽しいなろう作品らしい作風であるべきなのに無駄にそういう所に凝り過ぎて逆に駄目になってる。
それにしてもイフリートを憑依させてたとはいえ、中身おばあちゃんなのにまだ生理痛でお腹痛めてるみたいなシーン、シュールでえっちだったな。一人原画ってこういうシーンやたら艶やかに描くから困る。シコシコ。