mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

シュタインズ・ゲート ゼロ 第23話(終) 雑感 もう少し俺TUEEE的な爽快感を味わいたかった。

f:id:mouseion:20180927053241j:plainf:id:mouseion:20180927053246j:plainf:id:mouseion:20180927053250j:plainf:id:mouseion:20180927053254j:plainf:id:mouseion:20180927053258j:plainf:id:mouseion:20180927053306j:plainf:id:mouseion:20180927053311j:plainf:id:mouseion:20180927053317j:plain

オペレーション・アークライト(つまりまゆりを過去のゼロ直後のまゆりに伝言を託す役回り、その計画)を成功させて今度はダルと真帆たんが作ったタイムマシンにオカリン(無印で自分を騙せつった未来のオカリン)が乗って取り残された鈴羽とまゆりを救出するオペレーション・アルタイルを敢行して無事成功させるという話だった。だけど何で兵士を軒並み殺してるのにレスキネンは殺さんままだったのかな。中鉢博士も殺してないし第三次世界大戦は普通に起こってるから結局自己満足な感じだったとしか思えんけど、別の世界線のオカリン達に未来を託しただけでもアリなのかもな。なお、この世界線ではもう一人の黒幕レイエス教授は洗脳が溶けたかがりにより射殺。DAPPAからの侵略関係は未然に回避されたみたい。その理由がアマデウスの消去にあるとすれば当然だけど、何故かズレが生じてて会った事がないはずのレスキネンに顔を覚えられてるオカリンの図が何か滑稽だったし、都合よく例の場所近くに萌郁が居た事も解せず、タイムパラドックスに本来起こり得ない現象が次々都合よく起きたという解釈しかなさそうなのが何とも。まあでも“終わりよければ全てよし”という事にする。シリアスシリアスシリアスの後逆転勝利をしていく流れは本家シュタインズ・ゲートそのものだから、たとえ本作がひたすら負けの後手の後付けの物語であっても最終的に幸せになれたなら良いと思う。うーんしかしこれ2クールも必要だったかな。あと23話で終わりなのもちょっとね。まあいいや。
89点。毎週楽しみだったしもう今さらどうこう言うつもりはない。24話は円盤特典か未放送配信またはテレビ放送があるかもしれないし気長に待ってる。