mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

ヤマノススメ サードシーズン 第13話(終) 雑感 シリーズ屈指の良回で幕を下ろしたけど、途中のギスギスは本当に何でああなったのかそこだけが残念だったけど、4期にも期待したい良作に違いはない。

f:id:mouseion:20180925065513g:plainf:id:mouseion:20180925070036j:plainf:id:mouseion:20180925070040j:plainf:id:mouseion:20180925070043j:plainf:id:mouseion:20180925070046j:plainf:id:mouseion:20180925070049j:plainf:id:mouseion:20180925070052j:plainf:id:mouseion:20180925070055j:plainf:id:mouseion:20180925070058j:plainf:id:mouseion:20180925070101j:plainf:id:mouseion:20180925070106j:plainf:id:mouseion:20180925070110j:plainf:id:mouseion:20180925070114j:plainf:id:mouseion:20180925070118j:plainf:id:mouseion:20180925070121j:plainf:id:mouseion:20180925070124j:plainf:id:mouseion:20180925070129j:plainf:id:mouseion:20180925070133j:plainf:id:mouseion:20180925070137j:plainf:id:mouseion:20180925070140j:plainf:id:mouseion:20180925070144j:plain

あおいが1.5リットルジュースを背負ってさえ持てない事に違和感というか残念というか。
ひなたや楓さんは軽々と持ってるから前方に胸というおもりがないせいでバランス取れないのかと思ったけど別にほのかちゃんやここなちゃんも重そうなのを軽々と持ってる感じだから単に体力不足だったと結論付けれてしまうのも何だか悲しいあおいさん。
普段畜生発言の多いあおいさんが秋から冬にかけて登山して体力作りに励む姿は微笑ましいものの、それでもたかが3リットルのジュースを背負っていけないのはそれはそれで面倒だなとか思ったり。でも秋冬の登山はそんなにポカリスウェットはいらない気もするけどね。
で今回は11月でもうすぐひなたの誕生日、だから皆でお祝いしましょう!だけどプレゼント選びは諸々の事情もあってあおいが選ぶ事になって四苦八苦する話。
そしてプレゼント悩みまくってもうやめようかとなった時に避けてたひなたと会話して結局サプライズはバレたけど本当に欲しい物を聞けたからそれで良かったねっていう展開は先のひなたとあおいで遠慮して結果ギスギスになったのと逆でひなたがいつものように遠慮せずずけずけ聞いたおかげで解決した、まあヤマナメ特有の仲直りの仕方で元通りになったのが対照的で良かったな。
ほのかちゃんがお兄さんとの関係でどんどん本性が明るみになって凄く可愛かったし、ここなちゃんの存在感も良くて、楓さんはゆうかさんを残して参加してたけど、あれ後でこってり絞られるんだろうなと思いつつも今回のひなたの誕生会が素敵に終えられた時に楓さんがいなかったら締まらないから当然の成り行きではある。しかしサードシーズンになるとひなたの万能パパが滅茶苦茶活躍したな。あおいのお母さんもそう。コーヒーの回が好き。ここなちゃんのお母さんもすすきだっけ?ケーキ屋のトコとかここなちゃんと一緒にケーキ食べたりといった団らん風景が見れたしで何だかんだ良かったなって。
そういや結局今回は富士山と高い山には行かなかったような。確かにクライマックスにひなたと登った山ではひなたが怪我して大変ではあったけど。
思い出登山だったここなちゃんの誕生会と違ってコテージ風の実家で店長特製ケーキとここなちゃんお手製クッキーにひなたパパの手料理が振る舞われて何だこのビュッフェはとか羨ましく思いながらもう秋やねんなぁと実感が今更沸いた次第。
うーん、やっぱりあの無駄シリアスギスギス回はいらなかったな。山本裕介監督やふでやすかずゆき脚本だから安心だと油断してた。今期ははねバドでもギスギスシリアスをやっちゃって原作の雰囲気をぶち壊したとかで色々炎上する事があって、ヤマノススメもただの痴話喧嘩から非常にギスギスしたストレスフルで不愉快な話数が続いたから何かやべえなとか思った。まあでも終わって見たらひなたの畜生ぶりはあおいの普段の畜生発言を転じたものだと思う事にしてみれば、別段そこまで気にするほどでもないかと思い直す事にしよう。
総じて富士山登頂の時に宿泊したり滅茶苦茶高いご飯を昼食や夕食にしたりリアルの富士山!という雰囲気を味わえた前作に対して消化試合感があった。新キャラという訳でもないけど他県に住んでるせいで接点があまりなかったほのかちゃんとの交流がメインだった今回は割合楽しめたなと。前作では殆ど無口で何考えてるのか見えなかったほのかちゃんが意外とこだわりを持って旅をしてる事、そして兄貴が絡むと滅茶苦茶可愛い事を今回知り得たのは何よりの収穫だったと思うし、あおいがひなたと疎遠化する中であの三人娘と友達になったりここなちゃんと二人旅したりと中々良い感じに成長したなと感じられた。一方楓さんはギスギス回で久し振りに引率者として一緒に登頂したけど、それ以外はほぼゆうかさんに捕まって来年の受験戦争を迎えるべく切磋琢磨ではないか強制勉強漬けの日々を送ってて何かもうご苦労様ですという感じだった。
何気に主役から脇役まで忙しなく活躍したサードシーズンはOPからED、作画も脚本も良回と言える内容だった。振り返って見れば結局あのギスギスは何だったんだっていう、そこだけが物凄く残念だったけど、全体的に良かった。それだけ!92点。