mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

刑事7人 第4シリーズ 第10話(終) 雑感 警察舐めないでよ?いや脚本が雑過ぎるだけだから。

ある女の虚偽証言により未解決となった『九頭竜商店殺人事件』。その“嘘つき女"が再び現れる。闇に閉ざされた20世紀最後の事件と、天樹たち7人の最後の闘いが始まる。
◇番組内容
2018年夏、スペシャルチームが再集結。東山紀之主演ドラマ『刑事7人』待望の第4シリーズ!ーー仲間の裏切りという衝撃的終末から1年後。
「刑事資料係」に飛ばされた天樹(東山紀之)は、膨大な過去の犯罪データを頭に叩き込み“人間データバンク"へと変貌を遂げていた。
新メンバーに海老沢(田辺誠一)、野々村(白洲迅)を加え、闇に葬られた真実を明かすべく、7人のスペシャリスト集団が、再び始動ー!

◇出演者 
天樹悠…東山紀之 海老沢芳樹…田辺誠一 水田環…倉科カナ 野々村拓海…白洲迅山新塚本高史 片桐正敏…吉田鋼太郎 堂本俊太郎…北大路欣也

f:id:mouseion:20180912220941j:plain

九頭龍商店街の事件は鷲羽組の組長藤堂と深幸署の鍋島署長と警務部部長寺山によるものだった。鷲羽組組長の部下だった江口が馬宮夫妻を殺害。その証言をしたのは当時商店街の八百屋の店主だった中澤奈月さんだった。しかし鍋島及び寺山にとっては都合の悪い真実。そこで藤堂から裏取引を持ちかけられた彼らが彼女の証言調書を書き換えた。そして広岡刑事がその偽造調書に気付き、また警務部長が商店街の裏取引所に出入りしてた事を知って一人姿をくらまし、後に覚せい剤を大量摂取して死んでるのが明らかに。押収された600グラムの内480グラムしか捜査資料に書かれてなくて残り120グラムが広岡さんの体内から検出、そしてそれが出来るのは寺山さんあなたしかいない!とここまで格好良く推理してきた刑事たちだが、証拠がない。これで終わりかと思いきやたた1,2分で事態は好転。天樹たちの懸命の裏取りで結果寺山を逮捕する事に成功したとか言う非常に雑かつ残念な終わり方になった。何だよこれ、真剣に考察しようとしたら実はトンデモ超脚本だったせいで全てが台無しになるっていう大人の事情みたいな話に帰結しちゃった。これ続きあるのかなと思ったらそんなものはなかったんです。うーん。60点。