mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~ 第3シーズン 第6話 雑感 これ和歌山のドンファンの事件まんまじゃねえか。

KYのキャリア警視・冬彦(小泉孝太郎)と男勝りで口の悪い・寅三(松下由樹)の迷コンビが再復活。
作家毒殺の犯人?マスコミを手玉に取る30歳下の美人妻(壇蜜)。

冬彦が勝手にトリカブト毒で加賀美さんが殺されたとマスコミに勝手にバラして草生える。
マスコミ相手に1時間1万円の有料会見をやってたけどこれは面白かったな。
後妻、マネージャー、家政婦、全員怪しいよな。趣味は女漁り。そりゃ和歌山のドンファンですわ。
古河の僕わかっちゃいましたは草。
40周年記念パーティーで離婚される事を恐れた嫁が、同様にマネージャーや家政婦との愛人契約を打ち切られたから三人で計画してそれぞれ役割分担して作家先生を殺害、と思ったら犯人ではデブの編集者上川くんだった。直接の死因はアコニチンとフグ毒テトロドトキシンを合わせた事による遅行性を逆利用した殺人だったとさ。結局あの三人は殺人未遂による犯行は罪になるってね。

そしてゼロレポート最後の被害者が発見される。実は葬儀屋が犯人でした的な。
そんな中、葬儀屋とデート中の本庄さんが拉致される。そういや安達祐実って子持ちなのにD~Eカップ乳を維持してスタイルも良いみたいだな。あっえっろ。こんなん絶対レイプやん。孕ませっくすやん、うらやまけしからん。という訳で次回最終回2時間SPとか。テレ東本気やね。