mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

夢王国と眠れる100人の王子様 第10話 雑感 アリスなんていなかった、最初から夢見てたんや!

f:id:mouseion:20180907175725j:plainf:id:mouseion:20180907175735j:plainf:id:mouseion:20180907175744j:plainf:id:mouseion:20180907175752j:plainf:id:mouseion:20180907175802j:plainf:id:mouseion:20180907175844j:plainf:id:mouseion:20180907175852j:plain


一応存在はしてたみたいだけど、アリスはんは多分姫ちんと同じく異世界からやってきたんで元の世界に戻ったんだろ。
それで皆の意識下からアリスはんの記憶だけ心の奥底に蓋をしてたんやな。でも姫ちんらが来て過去を受け入れたので元に戻った、ええやん。
例の時間をさかのぼれる(但し記憶だけ)時計でキエルの過去を覗いた事で前にも増してセティークに会わなきゃならない事を悟った姫ちん一行はキエルの真意を糾して彼の地へ向かうというような話で、今までかりそめの兄貴呼びだったキエルがついにアヴィ呼びに転じたのは信頼したって事でいいな。
しかしケガレマルって夢喰い出すけどそれ以外では基本優しいな。きまぐれって自分では言うんだけど物語の核心に触れてそのヒントを惜しげもなく教えてくれるし、実は良い奴なのかもな。アニオリキャラなのは夢王国の原作がこういうネオアンジェリークみたいな美少女なお姫様が各地のイケメンを引き連れて魔を浄化するお役目的な流れじゃなくてただどこそこの国の王子様に愛されるだけっていう体だからじゃないかな。それで一応敵役に昔の西川貴教を加えてるのも何か意味があるんだろう。