mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

胸いっぱいサミット! 2018年9月1日放送 雑感 橋下徹は理屈抜きで真面目に市政を語って欲しかった。

関西人が選ぶ!えらいこっちゃニュース!
今週の胸いっぱいは、話題のニュースをぶった斬り!「関西人が選ぶ!えらいこっちゃニュース!」

▼体操界パワハラ問題!協会VS宮川選手真っ向対立
▼富田林逃走事件!未だ捕まらず…
▼いよいよ決戦!総裁選の行方を橋下徹が語る

真面目な話、学力向上させるのに教員のケツに火を点けても意味がない。それならもういっそ学校教師になるには大学で教育学部とかで優秀だとか一般の旧帝大出身者だけで構成するとか、そういうやり方じゃないと今の学校教員は古い人から新しい人まで学力の程度が一律じゃないから、賢い先生は老若男女問わず教えるのも上手いし学生も飲み込みが早ければ学力が向上する訳だし、それこそそういう先生に当たるのは数学的な意味でもガチャなのね。当たり引いたらその教室の子は賢くなれるかもしれないけど、そうじゃない所は色々駄目でしょ。
それに対して大阪維新の会は一律に連帯責任を問う形で教えるのが上手い先生までゴミ溜めに放ってる。それを擁護するって橋下徹終わってるじゃん。賢い先生は寧ろ表彰してそれを子供たちに見せる事で刷り込めるやんか。立派な、真面目な、学生想いの先生は市からも表彰されるような人だ、そんな人に教えて貰えるなんて名誉な事だってね。結局刷り込みなのよ。それを維新が数字的な結果だけを求めた結果が今の質の低い教師ばかりになったんじゃないのかね。与えて取るんだよ。管仲にならもっと上手くやれたわ。大阪民国民の民族性なのか、せっかちな人が多い。結果を求めすぎるっていうのはある。でも即効性がない学生はいくら勉強しても一緒だからね。学生には個人差がある。おつむの良くない学生はおつむの良くない学校に入ってるでしょ。
もう義務教育の段階で分けるべきなんじゃないかって思えてくる。で、義務教育段階で賢い生徒がいて、その生徒の家庭状況が悪いなら優先的に補助していけば大阪愛を感じてのちに恩を返そうとしてくれるでしょ。このやり方は高知とか香川とか四国でよく見られる。大阪も導入すればいいんですよ。良い所を採り入れるのも行政なんですよ。何とかして欲しいね。