mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

遺留捜査5 第7話 雑感 事件の背後には病院失火の時の赤ちゃん取り違えか。

代表候補の水泳選手が殺害された!その影にはドーピング騒動が!?コーチによる裏切り者への制裁なのか!?一方、糸村は遺留品の「麻の袋」から意外な事実を導き…衝撃ラスト!!

近江上布。火事があった25年前に近江上布を持った病人、ないし妊婦さん。花村社長が今回殺された水泳選手の本当の母親か?
協会への不服申し立てを潰したのは今回の強化委員の藍って女。こいつよく分からん。社長の為にってなんだよ。
社長の子供やっぱり宇多田さんだったか。
宇多田さんのおかあさんは義母ねえ。小学生の時の血液検査で知ったのね。宇多田貴史さんは死ぬ一年前に水泳で金メダルを取る事は母親の夢でしたってのは本当のお母さんのものと思ってたら。義母里美さんのパスポートを戸籍謄本と一緒に申請したのは読み聞かせてくれた絵本の舞台のドイツで世界大会があるから一緒に来てもらうためにしてたって事らしい。しかし、二人の母親は二度に渡って本当の子供と義理の子供を喪ったと知っちゃったんだな。戸籍謄本については意味分からんかったけど、どうやらこういうことらしい↓

962名無しステーション 2018/08/30(木) 20:47:17.88id:ccRa6oMI0
パスポートって本人に黙って親族が勝手に作れるものなの?

988名無しステーション 2018/08/30(木) 20:48:03.27id:eSaMTaFO0
>>962
そのための戸籍謄本じゃろ多分

凄い感動的だけど、あのクソコーチと社長の為とか言って殺した奴(その被害者は社長の実の息子だったから)は普通にクズだろ。水泳連盟とか普通にパワハラだし。しかし独立するのが損失だからってドーピング味方に盛られるとか終わってる。