mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

ハゲタカ 第4話 雑感 アランの人望wwwwwww

≪ゲスト≫
高嶋政伸筒井道隆竜雷太

 鷲津(綾野剛)の策略で三葉銀行の隠し口座の件が公となり、常務取締役の飯島(小林薫)が失脚してから9年――鷲津率いるホライズンジャパン・パートナーズは国内有数の大手電機メーカー『あけぼの』の買収を画策していた。
 
 その矢先、三葉銀行を辞め、企業再生のスペシャリストとして活躍していた芝野(渡部篤郎)が『あけぼの』の再生担当執行役員に就任。それを知った鷲津は、買収の件を一旦保留にするよう、社員たちに命じる。
 経営状態が良くない企業で容赦ないリストラを断行し“首切り屋”とも揶揄されながらも、いくつもの企業を再生させてきた芝野を警戒する鷲津。佐伯(杉本哲太)、中延(光石研)らは鷲津の指示に従うが、アラン(池内博之)だけは、その判断に反発を示すのだった…。

 そんな中、PCメーカー『ファインTD』の社長・滝本誠一郎(高嶋政伸)が『あけぼの』買収に動き始める。『ファインTD』を一代で大きく成長させた滝本は、カリスマ経営者として名を馳せていたが、一方で業績拡大のためなら手段を選ばないという強欲な一面も持っていた。
 
 大手の『あけぼの』を手中に収め、さらなる事業拡大を図ろうとする滝本。『あけぼの』に対し、最初は友好的な救済的買収を提案するが、芝野と社長の諸星恒平(筒井道隆)が拒否すると途端に態度を変え…?

鷲津排除、芝野追い詰め、で始まるは滝本帝国の野望、か。
あの事件から9年後、企業再生のスペシャリストに出世した芝野さんがあけぼのの企業再生、首切りを実行する中、当時無名だった彼を唯一買っていた鷲津は勝てる戦しかしないと孔明ばりの戦術を説いてアランを窘めたのはアレだ。今回はアランがキーマンになるのかな。と思ってたら新社長がアランというクーデターだった。あけぼのの件で鷲津、芝野が散々にやられたけど、ここから倍返しが始まるんだよな。でないと物語はここで終わるからね。
違約金つか手付金25億円あるからそこからホライズンを買収するって手もあるよな。アランって鷲津の右腕としては有能だけど、人望は皆無だからな。そりゃそうなるわ。
さあ、新ファンド立ち上げてアランや滝本をやっつける逆襲劇が始まるぞ!!
まあしかしだ、逆襲するにも手持ちの金がない。部下は多分帰ってくるけど、総資産1.5兆円のあけぼのをどうやってバイアウト(買占め)するんだろうな。ハゲタカって思ってた以上に半沢直樹してて面白いな。今の所、仲村トオルのラストチャンスと綾野剛のハゲタカの2強だわ。