mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

刑事7人 第4シリーズ 第5話 雑感 日本語が不自由過ぎて意味不明な話だった。結局誰が誰で今のお前は誰だよって感じ。説明省くなよ。

女系家族に潜む60年の秘密ー顔の見えない“白いスーツの男"】
天樹(東山紀之)に再捜査を依頼してきた女性が殺された!被害者宅から時効となった“60年前の事件"の資料が盗まれ、時を超えた『消せない罪』の存在が明らかに…!

昭和33年の夏。ナイトクラブの女性ダンサー・亀井咲子(松本妃代)が絞殺され、同じ店でボーイとして働いていた田畑亮介(勧修寺保都)が自首。咲子に思いを寄せていたが自分に振り向いてくれなかったために殺したと供述する。
それから60年後。天樹悠(東山紀之)と野々村拓海(白洲迅)がいる刑事資料係に、咲子の孫・加納優美(瑛蓮)が相談にやって来た。
咲子は実はシングルマザーで、当時5歳だった優美の母親を豊橋の親戚の家に預けていたという。
十日前に亡くなった母親の遺品からは豊橋行きの切符2枚と、咲子の文字で『RYOが許してくれますように』『ようやく会えますね』と書かれた2枚の短冊、そして51枚のトランプが見つかっている。
咲子は、まもなく娘を迎えに行くつもりでいた矢先に殺害されたのだ。短冊にある『RYO』は自首した田畑亮介を指すようにも思えるが、それだと殺害動機に矛盾が出てくる――。優美は「どうして祖母が殺されたのか真相が知りたい」と天樹らに強く訴える。

東山紀之田辺誠一倉科カナ白洲迅塚本高史吉田鋼太郎北大路欣也小松政夫、瑛蓮、松本如代、勧修寺保都ほか

業務上横領がバレての犯行かと思ったらそいつの子供産んだ上で別の男と暮らすから殺すっていう。
咲子さんが毎月娘に振り込んでいたお金を横領したんだな。
咲子さんの娘は先生と呼ばれる長田との子どもだった。田畑亮介さんは恩があったから罪を被って刑務所に行ったんだな。円城寺って奴はそれを脅したという。更に郵便局員の円城寺は長田を脅してお金を出させて今の会社を設立、その後市議?へ。その後も脅し続けてたって事なのね。その辺が長田の娘にバレそうになったので円城寺が殺害。
小松政夫がRYOと呼ばれた田畑の役ってのは分かったんだけど、結局の所長田と円城寺に振り回されて終わって事?もう何もかも意味が分からん。しかも恩を感じたから自首するの?身代わりで。半分青いより酷くないか、この流れ。脚本が素人のレベルじゃないかな。相変わらず序盤は面白かったのに結びがクソだな、このドラマ。