mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

ビートたけしのTVタックル 2018年6月24日放送 雑感 労働に対する勤勉さを強要する社会に反発してきたんだよな。

今回のTVタックル

激増する外国人労働者&中小企業の廃業危機!?
ニッポンの“人手不足”はど~する?SP

だから子供が後を継がなくなってる訳で、今まではその自由が保証されず同学区の学校を卒業するとその学区内の大学にしか行けなかったみたいな話がまかり通ってた訳でね。特に田舎や地方はその傾向が今でも強くて、例えば高知の人は高知大学を出て高知県庁で働き、地元の異性と結婚して地元に落ち着く事が最大の親孝行とまで言われている。それに高知県庁の場合に限らないけど地元の国立大学を出た子供が優先的に県庁に勤められるように便宜を図ってきた歴史もある程で、その意味では親の跡目を継ぐ事に対してもそれ相応の褒美的なものがあった訳だけど、戦後とくに経済成長期からバブル経済まではこの傾向が極めて強かった。ただバブルが崩壊して日本は保守的になり過ぎるようになった。その結果、それに反発するように学級崩壊に始まって社会悪が蔓延して地元の大学を出たからと言って地元でちやほやされるという事もなくなった。そして当たり前の様に親の後を継ぐ事がナンセンスと思われるようになって今に至ってる訳。要は国が悪いんだよね。