mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

グランクレスト戦記 第19話 雑感 ノルド王は壮烈な戦死だったのにドーソンおじさんと来たら酷いザマだったな。

f:id:mouseion:20180519224054j:plainf:id:mouseion:20180519224108j:plainf:id:mouseion:20180519224126j:plainf:id:mouseion:20180519224135j:plainf:id:mouseion:20180519224137j:plainf:id:mouseion:20180519224141j:plainf:id:mouseion:20180519224146j:plain


公子覚醒つってもアレクシスはただ作戦を練ってそれを圧倒的数の暴力で展開しただけ。その点ではテオの方が一枚も二枚も上手に見える。
統率力の高さは見るものがあると思うけど、今までのテオやラシック、ミルザーの戦いが派手だったせいでイマイチ地味だった。
ノルドを壊滅させて国王を戦死させた事でノルドの力は急激に削ぎ落とされたと思うけど、ドーソン侯の時と同様マリーネ王女はどうも戦争に消極的になりがちでミルザーの死やアレクシスの決起から彼女を優柔不断と神経衰弱に押し込んでしまってる感じ。だけどそれで済むのなら連合とか同盟とか条約とかはいらない訳で、しかも惨劇は実質お前のせいだからな。その責任の取り方をシルーカちゃんに諭されてもなお殺る気満々なのはもう頭きらきら星なんだろう。付ける薬がなくて困る。