mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

執事 西園寺の名推理 第5話 雑感 てっきり一郎太が犯人かと。

西園寺(上川隆也)は百合子(八千草薫)とオークション会場に出かけた。
百合子が亡き夫・光弥(里見浩太朗)の所有する絵画を出品したのだ。
東郷(宇崎竜童)という西洋画の大家が書いた絵で無事落札された。
しかしオークション後、会場の裏手で東郷の遺体が発見される。
建物から転落したとみられ、屋上から遺書も見つかった。
自殺の可能性が高まる中、西園寺は遺書に疑問を感じて…。

ゲスト
宇崎竜童、宮川一朗太安藤玉恵、大鷹明良、三浦浩一、チャールズ・グラバー

隠し部屋を知る者が犯人。だから伊達響子が犯人だったと。マジもんのクズですわ。贋作の存在知っててそれを競売にかけた時点で終わってる。金儲けしたいが為だけに国宝級の画家を殺したまんさん。意識高い系の末路って奴だ。
しかしジェバンニが一晩と言わず西園寺さん一晩で本物と見紛う贋作を描き上げるなんて、こういう話なんだって納得してなかったら絶対アカンシナリオだったよな。