mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

執事 西園寺の名推理 第2話 雑感 太陽が月を輝かせる時、月の真実と太陽の陰助が明らかになる。

西園寺(上川隆也)と百合子(八千草薫)は親を亡くした子供に星を見せようと、社長の山名進一(平岳大)と弟・亮司(岡田義徳)らが最新技術の天体望遠鏡を作っている「山名光学工業」に協力を頼む。
そんな中、進一が頭を殴られて殺害されてしまう。現場に残された謎のダイイングメッセージ。
刑事の丸山(佐藤二朗)が捜査する中、西園寺は百合子の望みで、独自に真相解明に乗り出す。

ゲスト
山名進一…平岳大
山名亮司…岡田義徳
山名裕美…冨樫真
野島勇作…渡邉紘平
五十嵐勝…森優作


カストルポルックスは仲の良い兄弟だった!?いや、あっそう。
カストルを殺したのはいとこだった。つまり進一さんを殺したのは従妹の山名裕美が犯人だったとさ。
殺害動機は10年振りに彼氏が出来たから?それが産業スパイだった。しかも男の方はハニトラだったみたいね。で弟の亮司さんを大切に想ってた兄の進一さんは人間のクズないとこによって殺害と。しかも産業スパイや横領を咎めて彼女を心配した事が裏目に出たという。死ねば良いのに、この女。
しかしお兄さんを敬えと言われて仕方なしにって感じの弟に実は兄が物凄く敬意を払って独立までさせてやろうと準備してたのが格好良過ぎる。それだけに辛い結末になったな。雲の意を持つクラウド(インターネット上の貸金庫)に必要な情報や資金等を預けてたみたいだなあ。
それにしても、今回の犯人、まんさんの被害妄想、やっぱやべえわ。
ちなみに陰助とは内助の功の意味ね。