mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

オーバーロードⅡ 第13話(終) 雑感 イービルアイちゃん、思ってたより可愛くなかったな・・・。

f:id:mouseion:20180404003347j:plainf:id:mouseion:20180404003350j:plainf:id:mouseion:20180404003357j:plainf:id:mouseion:20180404003400j:plainf:id:mouseion:20180404003404j:plainf:id:mouseion:20180404003409j:plainf:id:mouseion:20180404003413j:plainf:id:mouseion:20180404003704j:plainf:id:mouseion:20180404003710j:plainf:id:mouseion:20180404003715j:plainf:id:mouseion:20180404003720j:plainf:id:mouseion:20180404003725j:plainf:id:mouseion:20180404003730j:plainf:id:mouseion:20180404003734j:plainf:id:mouseion:20180404003740j:plainf:id:mouseion:20180404003744j:plainf:id:mouseion:20180404003748j:plain


声が可愛かっただけに意外。まあそれはそれとして。
デミウルゴスの茶番に付き合うアインズ様は流石は至高の御方よ。
と言う訳で今後は自称魔王なヤルダなんとかさんを目指す話になりそうだな。あくまで茶番かつ引き立て役って事で。
しかし一期でクレマンティーヌとかシャルティアとかに使ってた愛用剣が今回一本溶かされたな。まあ本人はそれ以外にも何万本も宝具持ってそうだし一本や二本じゃ響かんか。ある程度人間を殺して生かしたのは生き証人が欲しかったんだろうな。アインズ様の絶対的名声を欲しいままにするための計画が、今回の肝だったみたいだしね。
それにしても作監が14人もいたそうだけど、そこまで作画が緻密で凄かったかというと正直普通だなと。セバス編みたいにちょっと作画が崩壊気味だったのもあって本気で全力だったとは必ずしも言えないだけに普段の作画って大事だわと思った今日この頃。
総じてトカゲ編とセバス編、後始末らへんは楽しかったけどそれに至るまでのプロセスが丁寧だったり雑だったりで構成が悪いのかよく分からない事になってたのが戴けない。でも各話に登場したヒロインは結構可愛かったね。特にEDに出てくる子は皆ね。ガガーランは別として。
面白い回も少なくなかったので甘々の80点としたい。3期は売上的にやると思うけど、売上って円盤というより原作のね。やって欲しいな。