mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

グランクレスト戦記 第12話 雑感 さながら呂布と関羽だ、という感想があちこちで挙がってて草生える。まあ確かにそうだよな。

f:id:mouseion:20180401011037j:plainf:id:mouseion:20180401011042j:plainf:id:mouseion:20180401011048j:plainf:id:mouseion:20180401011052j:plain

ラシックは人望もあるし武力もミルザー級の傑物。正に関羽そのもの。一騎打ちシーンはまんまという感じ。
松岡はラシックの側近だけど、参謀役としては誰が適任なんだろうな。周倉は架空の人物だから王甫とか馬良とかかな。
今回はミルザーの独善的な行動から人望を失い孤立しているところをアルトゥーク条約で破竹の勢いとなったテオやラシックの軍勢に討伐されて海賊風情の女頭領の所もひっくるめて大惨敗を喫してしまったとかいう中で、シルーカちゃんの勧めでシスティナ領ロッシーニ伯を討伐する事になったテオ君が滅茶苦茶格好良かったなという話。頭お花畑のアレクシスらの縁談を絶対に成功させてやるぞと言うテオ君が頼もしいというより些か痛い子になってたけど、気にしない事にする。