mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

ゆるキャン△ 第12話(終) 総評 最後まで雰囲気を大事にしたのが良かった。

f:id:mouseion:20180323023901j:plainf:id:mouseion:20180323024013j:plainf:id:mouseion:20180323024111j:plain


静止画の有効活用。これが万策尽きた他のアニメとは違う点だ。という訳で今回も山梨の宣伝になったなあって感じ。
山梨の宣伝をしながら長野や岐阜の宣伝もしてた。でも富士山が良く見える所にキャンプするのが一番宣伝になるかな。
協力に富士山YMCAってあったんだけどYMCAってどこにでもあるんだな。確か天王寺にもあるんだよな。ECCだか河合だかの向かいにポツンとある。関係ないけどその横手に佐世保バーガー屋があって、反対の道に行くとランチでキーマカレー食べ放題のスコールって店もある。
ところで10年後の話が割と良かったな。ドローンのでっかい版みたいな、UFOかヘリコプターのテント版みたいなの、OPでなでしこが乗ってたアレが実装化されてたなと。りんちゃんでけえなって思ったら皆も等身デカくなっててなるほど夢かと思ったけど、実際10年もするとあんな感じになっちゃうのかな。エピローグではなでしこが念願の火付く奴購入しててソロキャンも普通にしてた。キャンプの流れは1話のリンちゃんのそれだけど、リンちゃんほどテキパキと出来てなかったのが逆に良かったな。雰囲気が良くてカタルシスを感じてたけど、考えたらこれ以上は膨らまし様がない完璧な最終回だったと思えるだけに2期を考えるのはちと烏滸がましいというか、考えない方が良いなと思った。これ以上何すんねん、それこそなでしこのドローンテントで世界中飛び回るってか?あれは多分日本でないと難しいと思う。特に女の子のソロキャンとか、日本以外だと危険がいっぱいだろうし、その意味ではヒグマの楽園である知床をさっさと世界遺産にしといてよかったな。でないとソロキャンで知床行ってグリズリーマンみたいなどうしようもない事になったら悲惨だもの。それにこの作品は山キャンする訳じゃないから獣害被害に遭う事も遭難する事も多分ないでしょ。ゆるいから。このゆるさがお手軽だから皆真似してキャンプしちゃうんだろうな。そうだね、きんモザみたいにキャンピングカーでキャンプするってのもありかなと思う。ただ、ゆるキャンメンバーの多くは普通の家庭で如何にもなお嬢様キャラが一人もいなかったなと。けいおん!でも一人超お嬢様がいたからギターとかの楽器購入がスムーズだったけど、ゆるキャンはその分ハードだった中で各々で好きなキャンプ道具を買ってそれを次のキャンプに活かしてたのはリアルに良かった。その辺りがゆるキャンが万人に広く受け入れられたのかなと思ってる。

f:id:mouseion:20180323024132j:plain