mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

グランクレスト戦記 第9話 雑感 神回。アニメ史上稀に見るキスなど性表現の対比がヤバい作品。

f:id:mouseion:20180303101604g:plainf:id:mouseion:20180303101615j:plainf:id:mouseion:20180303102152j:plainf:id:mouseion:20180303102325j:plainf:id:mouseion:20180303102345g:plainf:id:mouseion:20180303102741j:plain


に対する


f:id:mouseion:20180303102801j:plainf:id:mouseion:20180303102818j:plainhttps://imgur.com/download/iplfbelf:id:mouseion:20180303103723g:plainf:id:mouseion:20180303103808j:plainf:id:mouseion:20180303103828g:plainf:id:mouseion:20180303103849j:plainf:id:mouseion:20180303103903j:plainf:id:mouseion:20180303103915j:plainf:id:mouseion:20180303104055j:plainf:id:mouseion:20180303104402g:plainf:id:mouseion:20180303105536j:plain

これよ。
見よ、これがここぞという場面で男気を見せた者とそうでない者の差だ!


で本編だけど、
マリーネ様とミルザーのセックスは先祖代々の悲願の為の政略的犠牲(決意・覚悟を決めた者のそれ。でも傍から見たら美女と野獣でレイプなんだよなぁ)。シルーカちゃんのセックスはテオ様との純真なる愛(まだ未遂か?)。全然意味が違う。前者は完全に和姦という名のレイプだもんな。でもマリーネ様、何で殿下と先に済ましてなかったんだよ。アホか、処女だったとかないわ。ないわ。
マリーネ様は敵側の首魁ではあるけど、誤解や利権が招いた貴族間の戦争に巻き込まれただけなのにな。不幸中の幸いだったのは彼女は敵の親玉だった事かな。なのに今回の演出であたかもマリーネ様が主役のような、メインヒロインかのような扱いなのでかなり困惑してる。乳でけえし妙齢の美人なのに処女!もう最高ですよ。無駄に作画良かったし言う事ないですよ。不覚にもおっきしましたわ。
演出南川達馬、名前覚えたぞ。二組の対比良かったわ。これでアレクシスとヴィラールが仲違いして後者は死ぬ流れなんだよな。
今回はテオ様がイケメン過ぎた。アレクシスと何もかもが違うのは自身の地位を投げ捨てでも一人の女性を愛したか、それを出来ずに今も地位にしがみ付いた結果が最愛の女性との今生の別れだったとしたら居た堪れない。ただ、テオ様の場合平民の出であったのもあるかも。自身が子爵にまで登り詰めたのは勿論本人の実力もあるけど、周囲の助けあってこそでそれを忘れなかったテオの勇気は本当に救世主で英雄たる器を兼ね備えてる。一方アレクシスはいつまでも煮え切らない態度である。あとヴィラールも自分の意志を曲げてアレクシスに付き従ったのが完全裏目ってるのがね。巨大すぎる力を振りかざすのは良いけど、それをいつまで経っても振り下ろさないから内側から瓦解してやんの。だからミルザーも離れる事になったんだろうな。
という訳で次回はミルザーが離れた結果、テオ陣営が窮地に陥るという話かな。