mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

恋は雨上がりのように 第7話 雑感 店長に抱擁されて胸の動悸が止まらないあきらちゃんがヤバいかわいい。でも同時に店長の貞操が危ない!

f:id:mouseion:20180223061139g:plainf:id:mouseion:20180223061208g:plainf:id:mouseion:20180223061227g:plainf:id:mouseion:20180223061455j:plainf:id:mouseion:20180223061504j:plainf:id:mouseion:20180223061750j:plainf:id:mouseion:20180223061804j:plainf:id:mouseion:20180223061813j:plainf:id:mouseion:20180223061819j:plainf:id:mouseion:20180223061828j:plainf:id:mouseion:20180223061835j:plainf:id:mouseion:20180223061840j:plainf:id:mouseion:20180223061846j:plainf:id:mouseion:20180223061910j:plain


今回は完全にターニングポイントだったね。店長はまだ友達という事にしておきたいけど前回であきらちゃんに立場を超えておっさんなのに恋しちゃう感じだけど、そこは大人なので出来る限り突き放そうとしてた中で雨中のあきらちゃん訪問と子供ながらのオブラートに包まない質問の嵐で心の中の平静を乱されて嵐の中に居る状態に陥った店長が振り絞る力で苦しそうに泣くあきらちゃんをそっと抱きしめるシーンは妙に感動的だったな。腰に手を置いたけど、位置をさりげなく変えるジェントルマンな仕草におっさんの僕も感銘を受けたね。普通はそこから尻や胸を揉んだりして性的な関係になっていくんだろうけど、この店長、最後まで紳士を貫いた所が、なるほどあきらちゃんが惚れる訳だねと納得した。逆にあきらちゃんは店長の肌の感触を確かめる様ないやらしい手付きだったね。最後らへんで妄想して全裸回想になってたけど、もう襲う気満々でヤバかった。
それにしても店長があきらちゃんを抱きしめてる間のポエム、すごく心が躍ります。平田広明のイケボなんて随分久し振りじゃないかと。一般アニメとされるノイタミナ枠でって意味で。乙女ゲーとかだと甘い声毎回聴けるんだろうけど、一般アニメは随分聴いてない気がする。やっぱり甘いな。
しかしこのアニメ、エロいけど、どっちかというと耽美的って言った方が良いのかな。背徳感みたいな後ろ向きなモノは特に感じなくなったな。これは演出が良い何よりの証拠。作品が良いんだろうな。原作も良いに決まってる。


関係ないけどあきらちゃん、野獣先輩説または肉食系女子説。今回で完全に味を占めたって感じがする。スポーツドリンクをがぶがぶ飲んで味を占めたって比喩表現がまた何とも。あくまで店長って受け手って感じなのよね。ふいに抱きしめたのだってあきらちゃんを見ていて若い時の夢に溢れてた頃を思い出してつと手を出して掬い取ろうとしたみたいな、そういう演出だったしね。最初に両手を前に出してたでしょ?あのシーン。