mouseionのブログ

アニメ感想中心だけど、たまーに色々考察します。

りゅうおうのおしごと! 第6話 雑感 風呂とピアノ要素、ロリ要素とあとホモ要素、マジで理解できない。特にホモ棋士は対局中に喋り過ぎて不愉快極まりない。

f:id:mouseion:20180213012607j:plain

うどんを捏ねるが如く、足踏みマッサージは良いよね・・・。でも極端にロリ要素混ぜるのは辞めてくれ、きっしょいねん(Wあいちゃん以外いらない)。そこまでロリロリしたのがやりたいんならオリジナルアニメでやれ、クソ脚本が。いやこの場合無駄にロリ推すプロデューサーが最大のウンコなんだがな。
振り飛車は解説して欲しいよな。Cパートで。そういや最近ダイジェスト増えたな。万策尽きたでもないのに一枚絵にBGM垂れ流すのは脚本に粗があるからに他ならない。5巻分を1クールでやると聞いたけど、もしかしたら端折りの途中過程を見せられてるのかな。その意味では美味しい所だけ抜き出し過ぎて感情移入し辛くなってるね。僕は原作者が特に推してると言ってる桂香さんのエピソードをアニメで凄く見たいんだけど、どうもこの脚本家はその意図が理解出来ないらしい。それともここから桂香さんの話を展開するのかな。それがあるかないかだけで、この作品が原作にとって白歴史になるか黒歴史になるか決まって来るのではと思う。5話まではかなり丁寧にやってたから、6話でいきなり捲り展開になったのはちょっと残念に思う。

柳監督

5話以降は桂香の話がメインになっていきます
白鳥先生ご自身も桂香への思いが強いそうなのでこれは外せないなと。
普段は優しいお姉さんでも将棋に対して思うところはあって、それが表面化した時に
視聴者にグッとくるように描きたいと思っています。
それから銀子の心情もキチンと描くようにしています。彼女がただのクールな女の子ではないと
いうこともきちんと表現していきたいです。

さらに今後はみんなががどんどん将棋を指していくようになって、ほぼ将棋シーンだけで
終わるエピソードも出てきます
僕の監督作品はお風呂シーンや日常シーンが当たり前みたいに思われがちですが、あれは原作に
あるから入れてるんですよ。逆に2話では原作になかったお風呂シーンを入れていますが、あれは
お泊り感を演出するためですので、無理矢理入れたわけではありません(笑)

まあ、この発言を信じるなら今後に期待しても良いとは思うけど、それでもテンポ早過ぎ、もっとゆっくりやって欲しい。そもそも5話で桂香さんの話、ちょろっとも出て無くね。と言う事でこの監督、結構いい加減な人じゃないかと思えてくる。